お役立ち情報

無担保ローンとは?特徴やメリット・デメリットを解説



担保無しでお金を借りることができる無担保ローン。無担保ローンを活用することで担保として提供できる不動産等の財産が無い方でも融資を受けることが可能です。
当記事では無担保ローンのメリット・デメリットについて解説します。

1.無担保ローンとは

担保とはお金を借りる際に金融機関に差し出すものです。例えば、不動産を担保とするのであれば、お金を返すことが出来なくなった際に金融機関は不動産を売却等して、融資したお金を回収します。お金を貸す側である金融機関としては担保がある方がお金を回収できなくなるリスクが低くなります。
ローンとはお金を借りて少しずつ返済することを指します。担保を提供しないローンはすべて無担保ローンです。例えば、クレジットカードのリボ払いも無担保ローンの一種です。リボ払いとはリボルビング払いの略でクレジットカードの支払い金額を一定額で月々返済する方法です。
他にもマイカーローンや教育ローンなど、用途を限定したローンも無担保で借りることができるものがあります。

2.無担保ローンのメリット

無担保ローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。具体的に確認していきましょう。

(1)すぐにお金を借りることができる

無担保ローンはすぐにお金を借りることができるというメリットがあります。担保付のローンであれば、担保評価を行いいくら融資できるかが決まります。
不動産を担保にするローンであれば、不動産を売却した際にどれくらいの価値で売却することができるか、審査を行います。
無担保ローンはそのような審査はありませんので、最短即日で融資を受けることができます。無担保ローンは急にお金が必要になった際などにすぐにお金を準備できるという大きなメリットがあります。

(2)資金使途が限定されない

無担保ローンにはマイカーローンや教育費ローンなど一部用途が限定されているものもありますが、カードローンやクレジットカードのキャッシングなど代表的な無担保ローンは借入資金の用途が限定されていません。
お金を借りることができても自分が使いたいものに使うことができなければ意味がありません。資金使途が限定されない点は大きな魅力と言えるでしょう。
無担保ローンは個人事業主の開業資金や運転資金にも活用することができます。事業性の融資として審査を通過するためには決算書など収支がわかるものを金融機関に提出し、審査を受ける必要があります。書類の準備が難しい場合やすぐに資金が必要な場合には無担保ローンを利用することでスピーディに融資を受けることが可能です。

3.無担保ローンのデメリット

メリットも多い無担保ローンですがデメリットもあります。無担保ローンのデメリットを確認しておきましょう。

(1)融資金額が小さい

無担保ローンは融資金額があまり多くはなりません。金融機関はお金を貸す時にその人がお金をしっかり返してくれるかどうかという観点で融資金額を決定します。多くのお金を貸せば貸すほど金融機関としては大きなリスクを負うことになります。
不動産等の担保提供を受けている場合は万が一債務者が返済することができなくなったとしても担保を売却して貸したお金を回収することが可能です。そのため、提供を受けた担保の評価額まではリスクをとれます。
しかし、無担保ローンでは大きな金額を融資してしまうと債務者が返済できなくなってしまった際のリスクが大きくなってしまうため、融資金額は小さくなってしまうのです。

(2)金利が高い

無担保ローンは担保付のローンよりも金利が高いというデメリットがあります。金利が高い理由は債務者が返済できなくなる可能性が高いからです。無担保ローンは最短即日で担保提供を受けることなく融資を行うため、金融機関としてもリスクが高い融資です。
金融機関はリスクが高ければ高いほど金利を高く設定します。金利を高く設定しておけばある程度の人が債務を返済できなくなったとしても金融機関が被る損失が少なくてすむからです。
無担保ローンは金利が高めに設定されていますが、金利が低く設定されるのが住宅ローンです。住宅ローンは年収がわかる源泉徴収票などの提出を求め、自宅不動産の担保提供を受けて融資を行います。自宅を売却されては困るため、ほとんどの人が債務をしっかりと返済するため、金融機関のリスクが低く金利も低く設定されています。
同じ人でもどのような形で融資を受けるかによって金利が大きく異なると言う点は覚えておくとよいでしょう。無担保ローンは金融機関にとってリスクが高い融資であるため、金利は高めに設定されます。

4.無担保ローンの具体例

無担保ローンにはどのようなものがあるのでしょうか。無担保ローンの具体例を解説します。

(1)クレジットカードのキャッシング

無担保ローンにも様々な種類がありますが、代表的なものがクレジットカードのキャッシングです。クレジットカードにはキャッシングサービスが付帯されており、ATM等でお金を借りることができます。限度額はあまり多くありませんが、限度額の範囲内で何度でもお金を借りることが可能です。
クレジットカードのキャッシングは簡単に現金を用意することができます。金融機関に出向く必要もありませんので、出張や旅行先で現金が足りなくなった際などでも、事前にキャッシング枠を設定しておけばATMなどで現金を引き出すことが可能です。
海外でも現地通貨で現金を受け取ることができるサービスもありますので、海外出張や旅行でも利用することが可能です。
キャッシング枠を利用して借りたお金はクレジットカードの支払い日に引き落とし口座から自動で引き落としされます。そのため、返済の手続を行う必要はありませんが、引き落とし口座にお金を入れておく必要があります。

(2)カードローン

他によく利用されるのがカードローンです。
カードローンは金融機関で借入専用のカードを発行してもらい、ATM等から現金を引き出すことができます。
契約時に借入限度額が設定されますので、その範囲であればお金を借りることができます。
カードローンは金融機関に事前に申し込みをしておく必要がありますので、申し込みを行っていない場合はクレジットカードのキャッシングのように当日外出先で利用することはできません。
事前申し込みを行い、審査が行われたうえで上限額の設定と借入金利が設定されますので、クレジットカードのキャッシングよりも大きな金額で借りることができ、かつ金利も低く設定されています。
そのため、何度かお金を借りたいと思っている方はクレジットカードのキャッシングよりもカードローンを利用したほうがよいでしょう。カードローンの審査基準は各社公表していませんが、過去に返済事故を起こしていないことが重要です。過去にクレジットカードなど返済が滞った履歴があると審査を通過することが難しくなります。
カードローンは利用使途を問われることはありませんので、借りたお金は自由に使うことができます。

5.まとめ

無担保ローンとは担保を提供せずにお金を借りることができる融資のことです。無担保ローンはすぐにお金を借りることができ、資金使途も自由に使えるため、便利なサービスです。
一方で借入限度額は少なく、金利も高めに設定されていると言うデメリットもありますので、注意が必要です。
無担保ローンとして代表的なものはクレジットカードのキャッシングとカードローンです。それぞれの特徴を理解して利用するようにしましょう。

関連記事
不動産担保ローンとビジネスローンは何が違う?メリットやデメリットも解説!
不動産担保ローンの審査は早い?具体的な期間と審査を早く通すポイント