お役立ち情報

不動産担保ローンの審査は早い?具体的な期間と審査を早く通すポイント

不動産担保ローンの審査は早いの?といった疑問を抱えている方はいらっしゃいませんか?

即日融資や、なるべく早めの融資を検討している方にとって、審査期間は気になるものですい。

今回は、不動産担保ローンの審査期間や、審査を早く通すポイントについて解説します。

 

不動産担保ローンは早い?

不動産担保ローンで融資を受けるにあたり、審査の期間は「遅い」のが現状です。

そもそも、不動産担保ローンは様々な審査があるうえに、必要書類も多く、審査までの準備にも時間がかかってしまいます。

即日融資を検討しているのであれば、不動産担保ローンでは納得できる期間内での融資が難しいといえるでしょう。

 

不動産担保ローンの具体的な審査期間

前項では、不動産担保ローンの審査期間が「遅い」ということについて触れましたが、具体的にどれくらいかかるのでしょうか。

ここからは、不動産担保ローンの具体的な審査期間について解説します。

 

審査は数日~数週間

審査そのものの期間は、ケースによって異なりますが数日~数週間程度となることがほとんどです。

ただし、不動産担保ローンにおける審査は1回限りではなく「仮審査」「本審査」の2回を通過する必要があります。

仮審査の場合、期間はおよそ2~3日でかかることがほとんどですが、本審査は1~3週間ほどです。

審査全体でみると、数週間の期間を要することを頭に入れておきましょう。

 

融資を受けるまでの期間は約1か月

仮審査から融資を受けるまでの期間はおよそ1か月です。

上述した通り、審査自体に3週間かかるため、そのほかの「申し込み」「契約」などの工程を含めると1か月ほどの期間がかかるといえます。

基本的に、不動産担保ローンは即日融資を前提としていないため、時間がかかることを頭に入れたうえで計画しなければなりません。

 

不動産担保ローンの審査を早く通すポイント

不動産担保ローンの審査を早く通すためにはどうしたらよいのでしょうか。

「なるべく早く融資を受けたい」と考えている方は、以下からのポイントをチェックしてみましょう。

 

書類の不備に注意する

不動産担保ローンの審査を早く通すためのポイントとして、まず挙げられるのが「書類の不備に注意する」というものです。

不動産担保ローンの審査が長引いてしまう原因として、「書類の不備」が挙げられます。

書類に不備があると、その都度修正したり準備しなおしたりしなければなりません。場合によっては期間が1か月以上にも伸びてしまう可能性があるため、書類の準備は慎重に行う必要があります。

 

支払いが滞っているものは支払いを済ませる

携帯代や何らかのローンなど、支払いが滞っているものがあれば必ず支払いを済ませておきましょう。

支払い期限が過ぎたまま放置していたり、そもそも支払いが滞っているのがあたりまえの状況になったりすると、審査が遅くなってしまうだけでなく、そもそも審査を通過できない可能性があります。

不動産担保ローンの審査を早く通すためにも、済んでいない支払いはしっかりと対応しておきましょう。

 

不動産担保ローンは早めの計画・準備が必要

今回ご紹介した通り、不動産担保ローンは時間がかかるため、利用を検討したらなるべく早い段階で計画・準備を進めていかなければなりません。

とくに、審査には時間がかかるため書類の不備で審査が長引いてしまわないように、注意する必要があります。

現在、不動産担保ローンの利用を検討している方は、本ページを参考にしながら計画を立てていきましょう。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査