インフォメーション

「中古マンション首都圏での取引が主役」

  ・首都圏では中古のマンション取引が主役になっている。  中古マンションの成約件数は新築の供給戸数を2018年まで3年連続で上回っている。 長く新築が中心だった市場に起きた変化の背景には、首都圏の土地の供給事…

令和元年以降の住宅ローン金利や地価はどうなるか

住宅の価格を大きく左右する建築費、地価、住宅ローン金利 令和元年10月には消費税率の引き上げも予定されています。令和元年以降の環境はどうなるのか気になるところです。 大都市の地価は中心部で上昇 国土交通省の2019年「地…

不動産市況の今後の動向

金利と不動産価格の関係について 金利が上がれば不動産価格は下落する傾向にあり、金利が下がれば不動産価格は上がる傾向にあります。元々、不動産価格は需要とバランスで決まります。不動産だけに限った話しではありませんが、需要が多…

2019年3月期1都3県賃貸住宅指標

1都3県賃貸住宅指標 神奈川県のアパート系空室率TVIは金融機関の融資態度硬化後も悪化が続いています。 募集期間についても1都3県で唯一4ヶ月の大台に達しています。 募集期間については東京市部でも拡大が続いています。 両…

平成30年度の日本貸金業協会の業務監査が終了

日本貸金業協会による平成30年度書類監査が終了、指摘事項もなく監査修了証が交付されました。 今後もコンプライアンス及び内部管理態勢の充実と強化に努めていく所存です。

住宅ローンフラット35が不正利用か

投資用不動産への融資はをめぐっては、スルガ銀行での審査書類の改竄などの不正が横行して問題になっているが、住宅金融支援機構が提供する長期固定金利型の住宅ローン「フラット35」が不動産投資に不正利用された疑いが出てきている。…

湯沢の新築3000万円物件がほぼ0円

かつてのリゾートマンションが無人同然の状態に陥っている バブル時代は、東京の郊外型マンションと同水準の価格だった新潟県湯沢町のリゾートマンション。世の中は、平成大バブルの絶頂に向かって盛り上がっていた。また、スキーブーム…

日本の地価過去30年の全推移

2019年3月20日に、2019年の地価(1月1日時点)が公示されました。 全国平均では、全用途平均・商業地は4年連続、住宅地は2年連続の上昇となり、いずれも上昇基調を強めています。 東京・大阪・名古屋の三大都市圏におい…

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査