お役立ち情報

土地を担保にお金を借りる方法とメリット・デメリット

お金を借りるときには金融機関などから担保の提供を求められることがあります。担保として提供する代表的な資産が「土地」です。土地は古くから資産価値が高いものとして扱われてきました。
土地を担保にお金を借りることでどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。当記事では土地の担保についてくわしく解説します。

1.土地担保とは

担保とはお金を借りて、万が一お金を返すことができなくなった際に売却して借りたお金を返済するために差し出すものです。土地を担保に提供する場合、お金を返せなくなった場合に金融機関は土地を売却して貸したお金を返済してもらうことができます。

金融機関はお金を貸す際にその人がしっかりとお金を返せるかどうかの審査を行います。審査の基準は過去の返済履歴や年収、家族構成など多岐に渡ります。

審査基準の一つとして担保提供をできるか否か、できるとしたらどのような担保を提供できるかと言う点があります。当然、金融機関は担保価値の高い資産を提供してもらうことでお金を返してもらえないリスクが各段に低くなるため、審査を通過しやすくなります。土地は資産価値が高い傾向にあるため担保として適しているのです。

2.土地担保のお金を借りる目的

土地を担保にお金を借りる場合、どのような目的が考えられるのでしょうか。借りたお金の用途についてみていきましょう。

(1)事業資金

会社経営や個人事業主の方は土地を担保に事業資金を捻出することもあります。事業資金とは当面の運転資金や新規事業を行うための資金、設備の購入費用などさまざまです。
事業資金としてお金を借りる場合は事業で得た利益から少しずつお金を返すことになります。事業がうまくいかず、返済が困難になった場合には担保として提供した土地を売却して返済することになります。

(2)不動産投資

土地を担保に不動産投資を行う人も多くいます。不動産投資とは土地に建物を建てて人に貸すことで賃料収入を得る方法が一般的です。
更地を駐車場として人に貸し出すこともできますが、建物を建てて貸す方が同じ土地から多くの収益を得ることができます。
土地は保有しているものの建物を建てる資金がない場合は土地を担保にお金を借りて建物の建築資金を捻出することが可能です。
不動産投資も必ずしも成功するとは限りません。賃貸経営がうまくいかず、返済ができなくなった場合は、土地を売却して返済資金に充てることになります。

3.土地を担保にお金を借りるメリット

土地を担保にお金を借りることはどのようなメリットがあるのでしょうか。具体的に確認してみましょう。

(1)融資金額が大きくなる

土地を担保に提供することで金融機関等お金の貸し手は安心してお金を貸すことができます。万が一借り手がお金を返せなくなったとしても担保として提供された土地を売却することで資金を回収することができるからです。
土地は資産価値が高いため、融資金額も大きくなる傾向があります。特に駅近など便利な場所にある人気エリアの土地はすぐに売却することができる可能性が高いため、担保評価が高く、大きな金額の融資を受けることが可能です。

(2)金利が低くなる

金融機関が融資をする際の金利は資金を回収できる可能性によって異なります。資金を回収することができる可能性が高ければ高いほど金融機関等、お金の出し手にはリスクが少なくなるため金利を低くすることが可能です。
無担保で融資をする場合、金融機関にとってお金を返してもらえなくなるリスクが高くなります。そのため、高い金利設定をしなければ割にあわないのです。
一方で土地を担保として提供を受けていれば、万が一債務者がお金を返すことが出来なくなった際に土地を売却して資金を回収することができます。そのため、低い金利設定でも金融機関は融資をすることができるのです。
借り手にとっても土地を担保として提供することで低い金利で融資を受けることが可能となり、メリットは大きいといえるでしょう。

(3)長期間借りられる

土地は資産価値の変動が比較的小さい資産です。また、建物は年数の経過とともに劣化していきますが、土地は劣化することはありません。そのため、借入期間が長期間になったとしても金融機関は土地を持つことでリスクを抑えることができるのです。
価格の変動が大きい株式や年数とともに価値が下落する建物を担保に提供した場合、長期間の借り入れは金融機関にとってリスクになるため、審査を通過することが難しくなります。

(4)承諾があれば、自分の名義ではない土地を担保にできる

土地を担保として提供する際に必ずしも自分の名義である必要はありません。家族の土地を担保として提供することも可能ですので、家族の承諾さえ得られれば、家族の土地を担保にお金を借りることができます。
必ずしも自分の資産を担保として提供する必要が無いため、お金を出すことは難しいものの、土地の担保提供ならできるという家族の援助を受けることも可能です。

4.土地を担保にお金を借りるデメリット

土地を担保にお金を借りることでどのようなデメリットがあるのでしょうか。具体的に確認しましょう。

(1)融資までに時間がかかる

土地を担保にする場合、金融機関が担保となる土地の評価を行います。そのため、土地の評価に時間がかかるため融資までに時間がかかってしまいます。土地を担保にすることで、長期間借りられることや、金利が低くなるなどメリットも大きいものの時間がかかってしまうということは注意が必要です。融資を検討している際は金融機関に早めに申し込みをした方がよいでしょう。
すぐに融資を受けたい場合は無担保ローンを利用する必要があります。しかし、無担保ローンは担保付ローンと比べると高金利で限度額が小さくなる傾向があります。
すぐにお金が必要な場合は、緊急性と金利コストを見比べてどちらを選択するか検討する必要があります。

(2)担保にできない土地もある

土地は担保価値の高い資産ですが、担保にできない土地もあります。担保にできない土地とは売却することが難しい土地です。例えば、山奥の土地や山林などは売却することが難しく、金融機関は担保として評価しない可能性があります。
また、市街地にある土地であっても、道路がついておらず、建物が建築できない土地は担保として評価してもらえない可能性があります。
あくまで、売却して現金化できるかという点が重要となりますので、売却できない土地は担保としての提供は難しいと考えた方がよいでしょう。

5.まとめ

土地は担保として適した資産です。その理由は価格の変動が小さく、年数によって劣化することも無いからです。資産価値も高いため、土地を担保として提供することで低金利で長期間の借り入れを行う事が可能です。
ただし、土地を担保として提供することで審査に時間がかかるため、融資まで時間がかかる場合があります。資金が緊急で必要となる場合は土地を担保ととするローンは利用できない可能性もあるでしょう。また、資産価値の低い土地は担保として受け入れられない可能性もあります。土地を担保として融資を受けようと考える際は早めに金融機関に相談をしましょう。

アビックでは土地を担保とした融資も行っております。最短2日でのご融資も可能ですので、お急ぎの方もご相談ください。

不動産担保ローンのサービスはこちら

関連記事
不動産担保ローンにおける期限一括返済とは?メリット・デメリットを解説!
不動産担保ローンの融資期間は最大35年?銀行とノンバンクの違いについて!