不動産担保ローンを借りるためには?融資までの流れを紹介!

不動産担保ローンを借りるためには?融資までの流れを紹介!



不動産担保ローンは、不動産を担保にすることから、資産価値を確認するための時間など、一定の流れがあります。事前に把握しておき、どのような流れになるのか把握しておきましょう。

今回は、不動産担保ローンの融資までの流れを紹介していくので、参考にしてみてください。

以降では不動産担保ローンの一般的なご説明をしています。

アビックの不動産担保ローンについての詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンのご案内

借りるまでの流れ

不動産担保ローンを組み、融資を受けるまでにどういった手順が踏まれているのでしょうか。詳しい手順を紹介していくので、参考にしてみてください。

相談や仮審査

不動産担保ローンを契約する金融機関にもよりますが、申し込みは電話やFAX、ホームページから受け付けてもらうことができます。

銀行などでは、窓口で受付というケースも多いですが、ノンバンクの不動産担保ローンであれば、様々な方法で申し込みを受け付けていることが多いでしょう。

申し込み

金融機関に不動産担保ローンの申し込みを行うためには、必要書類を提出する必要があるので、事前に準備を行っておくことをおすすめします。

金融機関ごとに、必要書類が微妙に異なることがあるので、確認した上で必要書類を準備していきましょう。

特にホームページでの受付は、24時間受け付けてくれることが多いので、素早く不動産担保ローンの審査を受けたいという方にはおすすめです。

審査や条件提示

必要書類を提出して申し込みを行った後は、ノンバンクであれば最短1営業日で審査を実施してもらうことができます。素早い審査を実施してもらうことができるので、早く融資してもらうことが可能です。

審査結果に基づいて担当者と面談を行い、不動産担保ローンの本申込を実施します。その際に、質問内容や気になることがあれば、都度確認していきましょう。

本申込を実施した後は、担保不動産の現地調査が行われます。本審査の結果、融資が実行される場合は融資条件が提示されるでしょう。

契約や融資実行

条件提示に納得したのであれば、融資に関する契約書の作成が行われます。契約書については、来店した上で契約書の調印を実施して、融資が実行されるでしょう。

契約書が確認されて、問題ないことがわかれば、指定した銀行口座に、契約書の内容通りの融資金が振り込まれることになります。

ノンバンクであれば、申し込みを行ってから1週間程度で融資してもらうことができるので、素早く高額融資を受け取ることが可能です。

まとめ

不動産担保ローンを借りるまでの流れを紹介しましたが、金融機関によって流れや勝手が異なることがあるので、事前に確認の上、必要書類などを提出するようにしましょう。

不動産担保ローンの流れを把握して事前準備

不動産担保ローンは、不動産を担保にして融資を受ける流れになるため、事前にどういった流れになるのか把握しておくことが大切です。

また相談した段階で、どのような書類が申し込みの際には必要になるのか、確認しておく必要があります。

事前に必要書類の内容を理解しておけば、審査の段階まで素早く進めることができるので、融資スピードも早くなるでしょう。

 

今回紹介した不動産担保ローンの流れを把握した上で、融資を受けてみてください。

不動産担保ローンの総量規制とは?注意するポイントについても解説!

 

不動産担保ローンは、不動産の価値によっては高額融資を受けることもできるため、資金調達の手段として便利に活用することができます。

ただ不動産担保ローンの融資額には、総量規制が設けられているので、融資を受ける金額には制限があります。

今回は、不動産担保ローンの総量規制について詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

以降では不動産担保ローンの一般的なご説明をしています。

アビックの不動産担保ローンについての詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンの詳細をご案内

総量規則

「総量規制」とは、個人の返済能力を超える借入を防ぐために、借入総額を年収の1/3に制限する制度のことです。

年収300万円の方であれば、借入することができる金額は1/3の100万円までが限度になります。

複数借入を行う場合は、総量規制で100万円が限度となっている時には、1社が80万円の融資を受けている場合は、2社目は20万円の借入が上限です。

総量規制の対象となる融資は、「個人向け貸付」のみとなっています。そのため、法人向けの貸付や保証、個人向けの保証については総量規制の対象とならないのが特徴です。

他にも、個人事業資金としての融資は、総量規制の対象とならないので覚えておきましょう。

不動産担保ローンの場合は、不動産を担保とするローン商品であるため、融資金額は高くなることが想定されます。年収の1/3を超えることの方が多いため、総量規制の例外に該当する場合は、金融機関は貸し付けることができます。

ただ、貸付の契約を実施する前に、年収や返済能力の調査を行い、貸付しても問題ない融資金額なのか判断することが義務付けられているのです。

総量規則の例外

不動産担保ローンで、総量規制の例外として認められている契約は、複数のケースで考えられます。

主に不動産担保ローンで該当する例外としては、「顧客に一方的に有利となる借り換え」・「借入残高を段階的に減少されるための借り換え」・「個人事業者に対する貸付」・「新たに事業を営む個人事業者に対する貸付」などです。

「顧客に一方的に有利となる借り換え」・「借入残高を段階的に減少されるための借り換え」については、おまとめローンといった借り換えを行うために利用するケースになります。

金利を減らすことで、顧客が一方的に有利になる借り換えと判断されるので、総量規制の例外になるのが特徴です。

「個人事業者に対する貸付」・「新たに事業を営む個人事業者に対する貸付」については、個人事業主が開業資金などに利用する目的で、返済能力の有無を証明することができれば、総量規制の例外として認められます。

法人の場合は、元々総量規制の対象ではありません。

注意するポイント

不動産担保ローンは、例外のケースなどによって、総量規制の対象とならないことがあります。また不動産を担保にする場合は、総量規制が適用されないので、高額融資を受けることが可能です。

ただ生計を維持するために不可欠な居住など、自宅以外の不動産を担保にする必要があるので、該当する不動産がないと不動産担保ローンを契約することができないので注意しましょう。

総量規制について事前に知っておこう

不動産担保ローンは、総量規制の適用除外、例外となるケースの場合には、高額融資が実現されます。総量規制は個人の貸し付けのみに該当する制度なので、法人の場合はそもそも総量規制には影響しません。

ただ事前に、総量規制について理解しておかないと、融資額が低く、十分な資金調達ができないこともあるので知っておくことは大切です。

不動産担保ローンを組む時に必要な書類は?契約書以外の書類を紹介!

 

不動産担保ローンの契約には、契約書が必要になります。またそれ以外にも、契約の際に必要な書類がいくつかあるので、申し込みの際には提出することが求められるでしょう。

今回は、不動産担保ローンを組む時に、契約書以外に必要な書類について紹介していくので、参考にしてみてください。

以降では不動産担保ローンの一般的なご説明をしています。

アビックの不動産担保ローンについての詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンのご案内

確認書類

不動産担保ローンを契約する際には、いくつかの確認書類の提出が求められます。どのような確認書類の提出が求められるのか紹介していきましょう。

本人確認

不動産担保ローンを契約する本人なのか、確認のための「本人確認」の書類が必要になります。個人の場合は、主に「運転免許証」を提出することで、本人確認が認められるでしょう。

法人の場合は、「登記事項証明書」が本人確認書類として提出が求められるので、事前に準備しておく必要があります。

本人確認は、架空の名義や架空の法人ではないことの確認にもなるので、正しく提出することが大切です。

所得確認

不動産担保ローンの審査では、「収入の金額」・「税金の支払い状態」を確認することが求められます。それを確認するために「所得確認」の書類提出が必要になるのです。

法人や個人事業主の場合は、経営状態を確認する書類を提出する必要があります。

個人の場合は、年末調整や確定申告の際の書類を提出すれば、収入の金額を証明することが可能です。

証明書

不動産担保ローンを組む時には、不動産などの資産を証明する書類の提出が求められます。どのような書類が証明書として求められているのか、紹介していきましょう。

資産証明

不動産担保ローンによっては、提出不要なこともありますが、資産があるかどうかの「資産証明」が必要になります。

資産証明を提出する際は、所有している資産は全て提示することが大切です。意図的に提出しない場合は、契約違反になってしまう恐れがあります。

申込関係

不動産担保ローンを組む時に、金融機関が個別に用意している「申込関係」の書類を提出することも大切です。「申込書」・「保証委託書」・「個人情報取り扱い同意書」などが該当するので、忘れずに提出しましょう。

借入対象不動産の資料

不動産担保ローンで融資を受けるためには、実在する不動産担保価値を証明する「借入対象不動産の資料」を提出することが求められます。

融資額を決めるための資料となることも多いので、しっかり準備しておきましょう。

その他

それ以外にも、不動産担保ローンを提供している金融機関によっては、提出が求められる書類があります。どのような書類なのか紹介していきます。

連帯保証人や連帯責務者の資料

本人以外の連帯保証人や連帯債務者などがいれば、「住民票」や「印鑑証明書」、「実印」などの提出が求められます。

不動産担保ローンを提供している金融機関によっては、連帯保証人や連帯債務者が求められないこともあるので、事前に確認しておきましょう。

不動産担保ローンを組む前に必要書類を理解しておく

不動産担保ローンを組む時には、契約書以外にも複数の必要書類の提出が求められます。少しでも融資してもらう期間を短くしたいのであれば、必要書類を事前に調べておき、すぐに申し込みができるように準備しておきましょう。

今回紹介した必要書類は、基本的に必要になるものを紹介していますが、金融機関によっては他にも提出が求められる書類があるかもしれないので、事前に調べておくことをおすすめします。

不動産担保ローンに保証人は必要?物上保証人や連帯保証人の違いを解説!


不動産担保ローンは、高額融資が可能なローン商品ですが、契約する上で保証人は必要ないのでしょうか。また保証人をつける際に、物上保証と連帯保証人がありますが、それぞれの違いを知らない方もいるでしょう。

今回は、不動産担保ローンに保証人が必要なのか、物上保証人や連帯保証人の違いについて解説していくので、参考にしてみてください。

以降では不動産担保ローンの一般的なご説明をしています。

アビックの不動産担保ローンについての詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンのご案内

保証人はいなくてもいい

不動産担保ローンを申し込む金融機関にもよりますが、基本的に保証人はいなくても良いケースがあります。ただ中には、保証人は必要なくても、保証会社を請求されることがあるので、その場合は保証人が必要になることもあるでしょう。

銀行の場合は、不動産担保ローンの審査が厳しくなる傾向があるので、保証人を求められることもあります。

ノンバンクの不動産担保ローンの場合は、原則として保証人なしといったサービスも多いので、不動産担保ローンを申し込む前に、確認しておくことが大切です。

物上保証人と連帯保証人の違い

保証人の中には「物上保証人」と「連帯保証人」があります。この2つの違いはどんなことが言えるのでしょうか。詳しい内容を紹介していきます。

物上保証人

物上保証人とは、自分以外の債務を自分の不動産から担保する保証人のことを指しています。返済などについて負担するという保証人の形ではないので、担保した不動産以上に返済義務はないのが特徴です。

不動産担保ローンでは、不動産を担保にすることで融資を受けることができます。しかし利用者が不動産を持っていないケースもあるでしょう。そんなときに、家族や親戚などが物上保証人となり、自分の不動産を担保にすることができます。

ただ利用者が返済に滞った場合、抵当権が実行されて、物上保証人の不動産は物的有限責任を負う必要が出てくるので注意が必要です。

連帯保証人

連帯保証人とは、「催告の抗弁」・「検索の抗弁」・「分別の利益」などの権利が認められていない保証人のことを指しています。

不動産担保ローンの利用者が、月々の返済が滞った場合、通常の保証人であれば利用者に請求してほしいと「催告の抗弁」を求めることが可能です。

しかし連帯保証人の場合は、「催告の抗弁」を求めることができず、支払いを拒否することもできないのが特徴になります。

「検索の抗弁」とは、利用者に取り立てできる十分な財産があれば、先に利用者の財産から取り立てしなければならないというものですが、連帯保証人の場合は主張する権利も求めることができません。

「分別の利益」は、保証人が複数人いた場合に、金額を分配して支払い義務が生じるというものですが、連帯保証人の場合は、何人保証人がいたとしても返済金額を支払う必要があります。

連帯保証人は、通常の保証人よりも厳しい責任が課せられるので、利用者とのトラブルの原因になってしまう恐れがあるのです。

不動産担保ローンに保証人が不要か確認しておこう

不動産担保ローンを利用する場合、ノンバンクであれば、保証人が不要となることもあります。ただ保証人が求められる場合は、物上保証人と連帯保証人の違いについて理解しておくことが大切です。

連帯保証人は、一度なってしまうと重い責任が課せられるので、利用者との間でトラブルの元になってしまうことがあります。

保証人になってもらう場合は、十分な信用と支払いを滞らせない心がけが重要になってくるので、事前に理解しておきましょう。

不動産担保ローンの使い道は?何に利用できるか紹介!


不動産担保ローンは、銀行やノンバンクなど、いくつかの金融機関で提供されています。そんな不動産担保ローンは、どのような使い道ができるのでしょうか。

今回は、不動産担保ローンで受けた融資は、何に利用することができるのか、詳しい内容を紹介していきます。

以降では不動産担保ローンの一般的なご説明をしています。

アビックの不動産担保ローンについての詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンのご案内

制限なく幅広く使える

基本的に、不動産担保ローンは融資を受けた人の自由に資金を使える、「資金使途自由」であることが多い傾向にあります。

資金使途自由と記載されている不動産担保ローンであれば、制限なく幅広く融資で受けたお金を利用することが可能です。

ただ銀行などでは、融資した資金の使い道を限定していることがあります。金融機関によって、不動産担保ローンの利用は制限されていることもあるので、融資を受ける際には資金の使い道について制限が設けられているのか、事前確認が肝心です。

個人で使うとき

不動産担保ローンを個人で契約して融資を受けた場合は、プライベートでの資金であれば、自由に利用することができます。生活費や雑費など、幅広く活用することができるので、理想的な資金の使い道が実現可能です。

ただ個人で不動産担保ローンを契約した際には、事業性資金として利用することができないこともあります。個人向け不動産担保ローンにも、利用する上で制限が設けられていることもあるので、不動産担保ローンを契約する前に、利用する金融機関の資金使途について理解を深めておくことが大切です。

法人や個人事業のとき

不動産担保ローンを法人向け、個人事業向けで融資を受けた場合、基本的に利用条件は事業資金であることに限られるケースが多いでしょう。

生活費など、プライベートで必要なお金として活用することができず、制限が設けられていることがあるので、事前に確認しておくことが大切です。

金融機関によって、法人や個人事業向けの不動産担保ローンの資金使途は様々ですが、原則としては事業資金としか使用できないケースがほとんどなので、一度相談してみることをおすすめします。

納税など

納税資金として、不動産担保ローンを利用する方もいるでしょう。税金には、国税や都道府県税・市町村税など様々な形で徴収されます。

特に消費税などは、お客様から法人が預かり、納付時期がきたら国に納めるという形になっているのですが、資金繰りに困った結果、消費税分を利用してしまったという事態に陥ってしまうこともあるのです。

そんな時、納税資金として不動産担保ローンを利用したいということもあるでしょう。

税金が未納となってしまうと、資産の差し押さえなどトラブルの原因になってしまうことから、納税の資金調達は重要です。

ノンバンクの不動産担保ローンであれば、主に資金使途自由で提供されているので、納税資金として利用することができます。

納税する際に、資金が足りないと感じた時には、ノンバンクの不動産担保ローンに相談してみましょう。

不動産担保ローンの使途は事前に確認

不動産担保ローンは、金融機関によって資金使途が制限されていることがあります。特に銀行では、事前に資金使途を制限した上で融資を受けるといった、条件が出されることがあるので、融資を受ける際には事前に確認しておくことが大切です。

そんな時、ノンバンクの不動産担保ローンであれば、基本的に資金使途自由で利用することができます。

事業資金や生活費、納税などに困った時には、ノンバンクの不動産担保ローンに相談してみてください。

不動産担保ローンは他人名義でも融資可能?注意するポイントについて紹介!


不動産担保ローンは、不動産を担保にして高額融資を受けることができるローン商品です。しかし自分が所有している不動産がない場合は、融資は諦めるしかないのでしょうか。

実は、不動産担保ローンは他人名義でも借りることができます。

今回は、不動産担保ローンを他人名義で借りる場合の続柄や準備するもの、注意するポイントなどについて紹介していくので、参考にしてみてください。

以降では不動産担保ローンの一般的なご説明をしています。

アビックの不動産担保ローンについての詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンのご案内

借りることのできる続柄

不動産担保ローンにおいて、他人名義で借りることができる続柄は「配偶者」・「両親」・「祖父母」・「兄弟」・「共有持分」などです。

また中には、「親族」であれば不動産担保ローンを借りることができる金融機関もあります。親族とは、「六親等内の血族」・「配偶者」・「三親等内の姻族」と定義されているので、幅広い親戚が対象となることが多いようです。

ただ金融機関によっては、借りることができる続柄が微妙に異なるので、実際に対象がどこまでの範囲なのか確認しておく必要があります。

他にも、「経営する会社の役員」・「第三者」も認めるといったこともあるので、不動産担保ローンを契約したいと考えている金融機関に相談してみてください。

準備しなければいけないもの

自分以外の他人名義で不動産担保ローンを借りる場合は、様々な準備が必要になってきます。まず親戚名義でも不動産担保ローンを借りることができるといっても、無断で不動産を担保に出来る訳ではありません。

自分以外の人が所有する不動産を担保にして不動産担保ローンを借りる場合は、「不動産所有者の同意」・「所有する不動産への抵当権設定」・「不動産所有者の連帯保証」の準備が必要になります。

特に不動産の登記情報には、「債権額」・「利息」・「損害金」・「債務者」・「抵当権者」などの情報が記載されるので、事前に報告していないと大きな問題になるでしょう。

また必要な書類としては「抵当権設定登記申請書」・「登記原因証明情報」・「金銭消費貸借契約書」・「登記済証」・「印鑑証明書」などが求められます。

このことから、不動産所有者の同意なしでは、書類を集めることもできません。

注意するポイント

不動産担保ローンを他人名義で借りる場合は、物件所有者に「連帯保証人」になってもらう必要があります。

連帯保証人になると、本人の支払いが滞った場合に、代わりに不動産担保ローン会社に返済をしないといけないなどの責任が生じるため、後々トラブルの原因になってしまうことがあるでしょう。

そのため、不動産担保ローンを他人名義で借りる場合は、リスクを承知で連帯保証人になってくれる方と、返済するという心がけを信用してもらう人望が必要となってきます。

連帯保証人に請求が行われる事態に発展すると、大きく人間関係が崩れてしまうことが想定されるので、慎重に検討した上で決断することが大切です。

不動産担保ローンを他人名義で借りるのは難しい

不動産担保ローンは、他人名義でも借りることができます。しかし不動産所有者の同意なくしては、必要書類を集めることはできないので、準備には時間がかかるでしょう。

また他人名義で不動産担保ローンを借りるためには、物件所有者が連帯保証人にならないといけないことから、十分に注意しないといけません。


連帯保証人になってもらった結果、請求がいくようなことがあれば、人間関係が崩れてしまうので、支払いは遅延が発生しないように注意が必要になります。

不動産担保ローンにおける期限一括返済とは?メリット・デメリットを解説!


不動産担保ローンは、不動産を担保にして融資を受けるサービスのことです。そんな不動産担保ローンの返済方法として、「期限一括返済」というものがありますが、どういった返済方法なのでしょうか。

今回は、不動産担保ローンにおける期限一括返済について紹介していくので、参考にしてみてください。

以降では不動産担保ローンの一般的なご説明をしています。

アビックの不動産担保ローンについての詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンのご案内

不動産担保ローンにおける期限一括返済とは?

不動産担保ローンで多い返済方法としては、利息と元金を毎月の返済で支払う「元利均等返済」が一般的です。しかし「期限一括返済」は、毎月の支払いは利息だけに留まり、元金自体は期限に一括返済する方法のことを指しています。

毎月の元金返済がないことから、返済金額を低く設定して、負担を軽減することが可能です。

また期限一括返済を選択したからといって、元金返済ができない訳ではなく、契約期間中の元金の繰り上げ返済もできます。

毎月の返済負担を軽減し、大きな入金が発生する時に元金の支払いを実施するなど、柔軟な返済を実現することが可能です。

メリット

不動産担保ローンにおいて、期限一括返済を行うメリットとしては、毎月利息分だけの支払いになることから、毎月の返済負担がとても楽という点です。

期限日までに元金を一括返済しないといけないと聞くと、金額が高くなってしまい、負担が大きくなるのではないかと心配する方もいますが、大きな入金があった時に、こまめに元金返済しておけば、返済期日に高額返済しなくても済むこともあります。

また期限一括返済は、借りている元金を借入期間中は使用し続けることができるので、便利な資金調達の方法として利用することが可能です。

仕事やプライベートで毎月の資金を十分に確保したい時に、期限一括返済であれば、毎月の返済額が少ないので、負担を少なくして支払い続けることができます。返済が遅延するリスクも低減することが可能です。

特に不動産担保ローンは、融資期限が長く設定されていることが多いので、元金の支払い期日まで猶予が長いのが特徴になります。資金に余裕があれば、期日までに元金を支払ってしまうこともできるでしょう。

デメリット

不動産担保ローンにおける期限一括返済のデメリットとしては、元金の返済月までに一括元金の返済が要求される点です。

実際に、元金の返済は期限日までにコツコツ返済しておけば、期日にまとめて返済する心配はないのですが、うまく返済計画を立てていないと、後から大変な結果になってしまう恐れがあります。

特に不動産担保ローンの場合は、高額融資となることが多い傾向にあるので、今まで返済していない元金を返済期日に全て支払うのは、難しいと言えるでしょう。

そのため、不動産担保ローンで期限一括返済を利用する場合は、元金返済のための資金を確保できる確証がある場合に利用することをおすすめします。

無理のない返済計画を立てよう

不動産担保ローンにおける期限一括返済は、毎月の返済負担を軽減することができるため、余裕を持った資金繰りを行うことができます。返済期日の猶予も長いため、うまく運用していけば、大きな負担もなく返済することができるでしょう。

ただ元金の返済がうまくいかないと、期日までに一括返済が要求されるので、大きな負担となってしまう恐れがあります。

いつまでに元金を支払うのか、うまく返済計画を立てていくことが重要です。


毎月の返済金額を少なくして、資金繰りに余裕を持たせたいという方は、一度期限一括返済を検討してみてください。

不動産担保ローンで自宅をリフォームできる?利用方法を解説!


長年住んでいる住居は、年月が経つと老朽化してしまい、不具合が生じてしまうことがあります。日常生活で不便に感じてしまう恐れがあるため、老朽化が進む前にリフォームすることが大切です。

そんなリフォームを不動産担保ローンで実施することができるという話があるのですが、本当なのでしょうか。

今回は、不動産担保ローンで自宅をリフォームする方法を紹介していくので、参考にしてみてください。

以降では不動産担保ローンの一般的なご説明をしています。

アビックの不動産担保ローンについての詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンのご案内

不動産担保ローンを利用するには

一般的なリフォームローンで融資を受ける場合は、申し込み以前にリフォーム業者を選択して、見積もりを取得する必要があります。しかし不動産担保ローンを利用する場合は、使途自由であることから、見積もりを取得せずにリフォーム業者を探すことが可能です。

不動産担保ローンは、銀行やノンバンクなど提供している金融機関によって融資の内容が異なります。

銀行の場合は、審査が厳しく時間もかかることも多いでしょう。急ぎでリフォームしたいという場合には、ノンバンクで不動産担保ローンを契約するのがおすすめです。

ノンバンクの不動産担保ローンであれば、申し込みを実施してから融資まで1週間程度で実現できます。

融資額は不動産の価値によって異なりますが、1,000万円以上の高額融資もできる会社が多いので、十分なリフォーム資金として利用可能です。

どんなサービスがあるの?

他にも、現在住んでいるマンションを売却して中古の一戸建てを購入、リフォームするなら「不動産つなぎローン」もあります。

不動産つなぎローンは、不動産の売却金額を前借りすることによって、売却前提のつなぎローンとして有効活用することが可能です。

新しい住居に移動するまでの仮住まいの期間を無くすことができるので、無駄なく住み替えを行うことができます。

どんな人に利用されるの?

不動産担保ローンでのリフォーム検討は、どのような方に利用されることが多いのでしょうか。詳しい内容を紹介していきます。

子供がいる家庭

子供が出来たことにきっかけに、自宅を二世帯住宅にしたいという家庭で、不動産担保ローンでのリフォーム検討を実施されることがあります。

資金使途自由な不動産担保ローンであれば、リフォームだけでなく、新生活のための準備金としてあらゆる使い方が実現可能です。

自宅を事務所にリフォームしたい人

自宅を事務所のようにリフォームしたいという方は、不動産担保ローンを利用すれば、十分な資金を調達することができるので、すぐにリフォームを実施することができます。

耐震やバリアフリーのためにリフォームしたい人

不動産担保ローンを利用してリフォームしたいという人の中には、耐震対策・バリアフリーを検討しているという事例もあります。

不動産担保ローンで不動産としての価値が認められた場合には、高額融資も実現できるので、耐震やバリアフリーといったリフォームも、希望通りに実施できるほどの資金調達が可能です。

より住みやすい自宅を作るためにも、不動産担保ローンは便利に活用することができます。

不動産担保ローンをうまく活用しよう

不動産担保ローンを自宅のリフォームに活用する方法は、十分な資金調達が実現できることから、気軽に実践することが可能です。

資金使途自由な不動産担保ローンは、比較的低金利で長期的なリフォーム資金として融資してもらうことができるので、便利に活用することができます。

それ以外にも、新生活のための資金として余裕を持って融資を受ければ、生活に余裕を持たせることも可能です。


不動産担保ローンを契約するのであれば、審査が早いノンバンクがおすすめなので、一度検討してみてください。

不動産担保ローンとビジネスローンは何が違う?メリットやデメリットも解説!


不動産担保ローンは、高額融資が実現されることがあるため、資金調達の手段として重宝されています。そんな不動産担保ローンは、ビジネスローンとはどのような点が異なるのでしょうか。

今回は、不動産担保ローンとビジネスローンの特徴やそれぞれのメリット、デメリットを紹介していくので、参考にしてみてください。

以降では不動産担保ローンの一般的なご説明をしています。

アビックの不動産担保ローンについての詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンのご案内

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンは、所有している不動産を担保にして、融資をしてもらうローンのことです。個人向けの不動産担保ローンは、個人が利用できるものとして、事業資金として利用することができないことが多い傾向にあります。

事業資金として利用する場合は、法人向け不動産担保ローンがあるので、申し込みを行ってみると良いでしょう。ただプライベートに関する資金使途が禁止されていることもあるので、事前に確認しておくことが大切です。

高額融資が実現できることもあり、不動産の価値によっては1,000万円~1億円ほどの融資も可能になります。

ビジネスローンとは

ビジネスローンの場合は、不動産などの担保が必要なく融資してもらえることがほとんどです。ただ不動産担保ローンと比較すると、融資額が低く設定されていることが多く、金利も高めになっています。

年収によって、融資額の制限があるなど、様々な条件が設けられているので、高額融資は望めないことが多いでしょう。

メリットとデメリット

不動産担保ローンとビジネスローンは、それぞれ特徴が異なり、メリットやデメリットも違います。それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのか紹介していきましょう。

不動産担保ローン

不動産担保ローンのメリットとしては、比較的審査に通りやすい点が魅力となっています。審査自体もノンバンクであれば、最短3日~1週間程度で融資を受けることが可能です。

金利自体も、ビジネスローンよりも低い傾向にあるので、返済総額を安く済ませることができます。

また不動産を担保にする性質から、融資額も大きいことから、資金調達の方法としても便利です。

ただ返済が滞ってしまうと、担保にしていた不動産が売却されてしまうなどのデメリットがあるので、支払いについては期日を守ることが重要になります。

ビジネスローン

ビジネスローンのメリットとしては、担保なしに融資を受けることができる点です。必要な書類も少ないので、審査スピードも早く、審査に問題がなければ即日融資も実現されます。

デメリットとしては、不動産担保ローンと比較すると、融資額が少ないという点です。急ぎで資金を調達したいという時には便利ですが、多額の融資を受けたいという時には、物足りない可能性があります。

また利息が不動産担保よりも高いことから、支払い総額が高くなってしまうのも難点です。

他にも、融資額が少ないことから、返済期間も短く設定されているので、毎月の返済額の負担も懸念されるでしょう。

少額の借入であれば、ビジネスローンでも問題ありませんが、事業資金など多額な資金調達方法として融資を受けたい場合は、不動産担保ローンの方がおすすめです。

それぞれのメリットとデメリットを把握しておこう

不動産担保ローンとビジネスローンは、融資を受けるという点では一緒ですが、担保の有無や融資額の違いなど、多くの点が違います。

ビジネスローンの場合は審査スピードが早いですが、その分融資額が少ないことから、十分な資金調達ができない恐れがあるでしょう。


不動産担保ローンであれば、十分な資金を集めることができるので、資金調達の方法として検討したいのであれば、不動産担保ローンを検討することをおすすめします。

不動産担保ローンの融資期間は最大35年?銀行とノンバンクの違いについて!


不動産担保ローンは、高額融資が実現できることから、資金調達が必要な時に便利に活用することができます。しかし融資を受けた分、返済しなくてはいけないため、融資期間についても把握しておくことが大切です。

中には、不動産担保ローンの融資期間は最大35年と言われている金融機関もありますが、どのような金融機関なら、長期的な融資が可能なのでしょうか。

今回は、不動産担保ローンの融資期間について、銀行とノンバンクの違いについて紹介していくので、参考にしてみてください。

以降では不動産担保ローンの一般的なご説明をしています。

アビックの不動産担保ローンについての詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンのご案内

融資期間の違い

不動産担保ローンの融資期間は、金融機関によって異なります。銀行とノンバンクでは、どれくらいの融資期間が違うのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

銀行

不動産担保ローンを取り扱っている銀行では、どれくらいの融資期間が設けられているのでしょうか。平均的には1年~20年といった融資期間の設定になっていることが多い傾向にあります。

最長でも25年といったところで、比較的短く設定されていることが多いでしょう。

また融資額によっては、短い融資期間になることが多いので、毎月の返済額が負担になってしまうこともあるので、事前に確認した上で融資を受けることが大切です。

ノンバンク

不動産担保ローンを専門に扱っているノンバンクの場合は、どれくらいの融資期間が設けられているのでしょうか。平均的には、1年~30年といった融資期間の設定が多い傾向にあります。

最長では35年の融資期間を設けている不動産担保ローン専門のノンバンクも多いので、融資期間を長くしたいという方は、融資期間がどれくらい余裕を持って契約できるのか確認しておきましょう。

融資期間としては、銀行よりもノンバンクの不動産担保ローンの方が長い傾向があるので、毎月の返済負担を出来るだけ減らしたいという方は、ノンバンクで不動産担保ローンを契約することをおすすめします。

どっちを利用するのが正しい?

不動産担保ローンを契約する場合、銀行かノンバンクどちらの方が好ましいのでしょうか。

銀行の場合は、審査が厳しいため利用できない可能性もありますが、金利が低く設定されていることが多いので、最終的な返済総額を安く済ませることができます。

ただ資金使途が限られていることや融資期間という点では、短く設定される可能性があるため、使い勝手は悪い傾向にあるでしょう。

ノンバンクの不動産担保ローンの場合は、銀行よりも少し金利が高い傾向にありますが、審査スピードが早く、素早く融資してもらえることが多いのが魅力です。

他にも、融資期間は銀行よりも長く、ある程度は要望通りに融資期間を設定してもらうことができます。

より早く、長く不動産担保ローンを融資してもらいたいというのであれば、ノンバンクの方が好ましいと言えるでしょう。

ノンバンクでも、融資期間は会社によって異なるので、事前に確認しておき、理想的な融資期間を設定してくれる会社を選ぶことが大切です。

融資期間はノンバンクの方が優秀

不動産担保ローンの融資期間は、最大35年も設定してくれるノンバンクの方が長くて使い勝手は良いと言えます。

ただ金利などのデメリットもあることから、事前にノンバンクの不動産担保ローンの特徴についても理解しておくことが大切です。


ノンバンクは審査スピードも早いので、資金調達の方法としても優秀な傾向があります。希望通りの融資をしてもらうことができるか、まずは相談してみると良いでしょう。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査