お役立ち情報

不動産担保ローンで自宅をリフォームできる?利用方法を解説!



長年住んでいる住居は、年月が経つと老朽化してしまい、不具合が生じてしまうことがあります。日常生活で不便に感じてしまう恐れがあるため、老朽化が進む前にリフォームすることが大切です。

そんなリフォームを不動産担保ローンで実施することができるという話があるのですが、本当なのでしょうか。

今回は、不動産担保ローンで自宅をリフォームする方法を紹介していくので、参考にしてみてください。

不動産担保ローンを利用するには

一般的なリフォームローンで融資を受ける場合は、申し込み以前にリフォーム業者を選択して、見積もりを取得する必要があります。しかし不動産担保ローンを利用する場合は、使途自由であることから、見積もりを取得せずにリフォーム業者を探すことが可能です。

不動産担保ローンは、銀行やノンバンクなど提供している金融機関によって融資の内容が異なります。

銀行の場合は、審査が厳しく時間もかかることも多いでしょう。急ぎでリフォームしたいという場合には、ノンバンクで不動産担保ローンを契約するのがおすすめです。

ノンバンクの不動産担保ローンであれば、申し込みを実施してから融資まで1週間程度で実現できます。

融資額は不動産の価値によって異なりますが、1,000万円以上の高額融資もできる会社が多いので、十分なリフォーム資金として利用可能です。

どんなサービスがあるの?

他にも、現在住んでいるマンションを売却して中古の一戸建てを購入、リフォームするなら「不動産つなぎローン」もあります。

不動産つなぎローンは、不動産の売却金額を前借りすることによって、売却前提のつなぎローンとして有効活用することが可能です。

新しい住居に移動するまでの仮住まいの期間を無くすことができるので、無駄なく住み替えを行うことができます。

どんな人に利用されるの?

不動産担保ローンでのリフォーム検討は、どのような方に利用されることが多いのでしょうか。詳しい内容を紹介していきます。

・子供がいる家庭

子供が出来たことにきっかけに、自宅を二世帯住宅にしたいという家庭で、不動産担保ローンでのリフォーム検討を実施されることがあります。

使途自由な不動産担保ローンであれば、リフォームだけでなく、新生活のための準備金としてあらゆる使い方が実現可能です。

・自宅を事務所にリフォームしたい人

自宅を事務所のようにリフォームしたいという方は、不動産担保ローンを利用すれば、十分な資金を調達することができるので、すぐにリフォームを実施することができます。

・耐震やバリアフリーのためにリフォームしたい人

不動産担保ローンを利用してリフォームしたいという人の中には、耐震対策・バリアフリーを検討しているという事例もあります。

不動産担保ローンで不動産としての価値が認められた場合には、高額融資も実現できるので、耐震やバリアフリーといったリフォームも、希望通りに実施できるほどの資金調達が可能です。

より住みやすい自宅を作るためにも、不動産担保ローンは便利に活用することができます。

不動産担保ローンをうまく活用しよう

不動産担保ローンを自宅のリフォームに活用する方法は、十分な資金調達が実現できることから、気軽に実践することが可能です。

資金使途自由な不動産担保ローンは、比較的低金利で長期的なリフォーム資金として融資してもらうことができるので、便利に活用することができます。

それ以外にも、新生活のための資金として余裕を持って融資を受ければ、生活に余裕を持たせることも可能です。

不動産担保ローンを契約するのであれば、審査が早いノンバンクがおすすめなので、一度検討してみてください。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査