法人で不動産担保ローンを組んだ時何に使っていいの

法人で不動産担保ローンを組んだ時何に使っていいの

法人は様々な部分で費用がかかることが多く、金額的にも大きいことがあるため、支払いに困ってしまうこともあるでしょう。そんな時に便利なのが、不動産担保ローンです。

今回は法人で不動産担保ローンを組んだ時の資金使途について紹介していきます。何に使用することができるのか、詳しい内容を紹介していくので参考にしてみてください。

法人で不動産担保ローンを組んだ時の資金使途

法人で不動産担保ローンを組んだ場合、どのような資金使途が可能なのでしょうか。具体的な資金の使い道について紹介していくので参考にしてみてください。

1.起業・開業資金

法人が新たなに起業・開業する場合、多額の費用がかかります。貯蓄で対応することも出来るケースもありますが、今後の運転資金なども考えると、不動産担保ローンで資金調達するのも一つの手です。

不動産担保ローンで担保にする不動産は、法人が保有している土地や建物以外にも、個人や家族が保有している不動産でも担保にすることができます。

起業や開業資金に、まとまった費用が必要になった場合は、不動産担保ローンを活用するといいでしょう。

2.運転資金

法人で不動産担保ローンを組む場合、一時的に運転資金が足りなかった時の費用として活用することができます。急な決済など、多額な費用が必要になった時に、不動産担保ローンでの借入した資金があれば、問題なく決済することが可能です。

法人では突発的に費用が必要になる状況が起こる可能性は高いので、困った時の費用の捻出として不動産担保ローンを活用するのは一つの手段としておすすめになります。

3.つなぎ資金

取引後の収益が入金される前に、支払いが必要になった場合、一時的な借入として不動産担保ローンを活用する方法もあります。

つなぎ資金として銀行融資や他のローン商品で対応することもできますが、つなぎ資金でローンを組んでしまうと、返済期間が短く設定されることがあるのです。

すぐに返済できることもあれば、さらに入金が遅れる可能性も考慮して、返済期間に余裕がある不動産担保ローンを組むのも一つの方法としておすすめになります。

4.納税資金

法人では様々な税金が発生する可能性があり、状況によっては多額の税金の支払いが必要になるケースもあります。そんな時に、不動産担保ローンを利用する方法もおすすめです。

未納税金の納付や税金差し押さえの解除など、税金支払いに不動産担保ローンを利用することもできるので、困った時は不動産担保ローンを組むことを検討してみてください。

法人で不動産担保ローンを組んだ場合の資金使途は基本自由

法人で不動産担保ローンを組んだ場合は、基本的に資金使途は自由に活用することができます。銀行融資などは、資金使途について限定的な融資になることが多いのですが、不動産担保ローンの場合は、様々な用途に活用することができるので、資金調達に困った時に便利です。

ただ不動産担保ローンは、返済が滞ると不動産を失うリスクもあるので十分注意しましょう。法人で必要な不動産を失ってしまうと、経営状況が悪化する恐れもあるので、返済計画を十分に立てて借入するようにしてください。

法人で不動産担保ローンを組む時は返済計画を立てる

法人が会社を運用するためには、多額の費用がかかります。そのため不動産担保ローンを組むことは手段としておすすめですが、無理のない返済計画を立てておかないと、法人としての信用を失ってしまう恐れがあるので注意しましょう。

担保にしている不動産は、返済が遅れると失う恐れもあり、法人の信用力に関わってくる問題に発展する可能性があります。

返済計画について、慎重に検討した上で不動産担保ローンを組むようにしましょう。

個人での不動産担保ローンを組んだ時何に使っていいの

不動産担保ローンは、担保にすることができる不動産があれば、個人でも融資を受けることができます。融資を受けた場合、どのような資金使途が可能なのでしょうか。

今回は個人での不動産担保ローンを組んだ時、何に使うことができるのか、詳しい内容を紹介していきます。

個人で不動産担保ローンを組んだ時の使い道

個人で不動産担保ローンを組んだ場合、基本的には資金使途は自由です。具体的には、どのような使い道にされることが多いのか、詳しい内容を紹介していきます。

・教育資金

子供の進路次第では、教育費が想定よりもかかることがあります。そんな時に不動産担保ローンを活用すれば、有効利用することが可能です。特に進学などのタイミングが重なってしまうと、貯蓄だけでは補うことが難しいこともあります。

教育資金として不動産担保ローンを個人で組むことは可能なので、子供の進路のために資金が必要な場合は利用してみましょう。

・納税資金

相続税など、生活する上で税金を納めることが増えてきます。その時に、多額の納税を行う場合には貯蓄で対応することができないこともあるでしょう。

そんな時に活用することができるのが不動産担保ローンです。不動産担保ローンを個人で契約した場合、基本的に資金使途は自由なので納税資金として活用することができます。

納税は遅れると差し押さえなど、トラブルのもとになることが多いので、早めに支払いを行うためにも不動産担保ローンを活用するのも一つの手です。

・リフォーム資金

住居には定期的なリフォームを行う必要があります。しかしリフォーム費用は大掛かりであるほど、費用が高くついてしまうことから、足りない分を不動産担保ローンで補うことも大切です。

不動産担保ローンの融資額は、担保価値にも左右されますが、基本的には高額融資が可能となっているので、リフォーム費用にも十分利用することができるでしょう。

・医療費

医療費の中には先進医療を受けるためには、健康保険の給付対象外となることがあります。その場合、多額の医療費を自己負担で補う必要が出てくるのです。

医療費によってはかなりの高額になることが予想されるので、貯蓄では対応しきれないことがあります。そんな時に個人で不動産担保ローンを組めば、資金使途は自由なので医療費の一部や全額を負担することができるでしょう。

ただ不動産担保ローンは、審査に時間がかかるケースがあるので、事前に審査を受けておき、速やかに融資が受けられるように進めておくことが大切です。

・有料老人ホームへの入居費用

高齢になったことから、家族に迷惑はかけられないと、有料老人ホームへの入居を検討する方も多いでしょう。

ただ有料老人ホームは入居費用が高くなることが予想されるので、足りない費用を不動産担保ローンとして支払いを行うことも検討することが大切です。

個人で不動産担保ローンを組めば資金使途は基本自由

銀行融資などでは、資金使途は制限されることがありますが、不動産担保ローンは資金使途について基本的に自由であるため、家族のため自分のために資金を利用することができます。

生活していく上で、突発的に多額の費用がかかることがあるでしょう。そんな時に貯蓄だけでは十分に対応することができないケースもあります。

担保に出来る不動産があれば、個人でも不動産担保ローンを組むことは可能なので、困った時のために不動産を確保しておくことは重要です。

不動産担保ローンは、長期的な返済が可能であることから融資額も大きいのが魅力になります。無理のない返済計画を立てて、必要な資金は不動産担保ローンで捻出することを検討してみてください。審査には時間がかかるケースも多いので、申請は余裕を持って行うようにしましょう。

不動産担保ローンの金利を比較してみました

低金利で長期的な返済が可能な不動産担保ローンは、様々な金融機関が提供しています。それぞれ特徴やメリットがあるため、事前に把握して上でローンを組むことが大切です。

その中で、不動産担保ローンの金利について、比較をしてみたので参考にしてみてください。

不動産担保ローンの金利や特徴を比較

不動産担保ローンは、いくつかの金融機関で提供されていますが、それぞれどれほどの低金利で、特徴はどのようなものなのか、比較していくので参考にしてみてください。

1.銀行系不動産担保ローン

銀行系不動産担保ローンは、銀行が提供している不動産担保ローンの形で、個人向けのローン商品となっています。比較的低金利となっていますが、銀行融資と比較するとそれほど金利ではありません。

銀行の信用性があることから安定した借入が可能で、使途自由となっているのが使い勝手がいい点です。

ただ審査が厳しく、遅い時には1ヶ月ほど審査に時間がかかるケースがあるので注意しましょう。

金利は下限金利が0.9%、上限金利が9.8%となっています。

2.ノンバンク不動産担保ローン

ノンバンク不動産担保ローンは、様々な種類がありますが、個人でも法人でも利用することができる不動産担保ローンとなっています。

低金利の不動産担保ローンから、高金利まで幅広い選択肢がある不動産担保ローンの種類になっているので、事前に特徴を理解してからローンを組むことが大切です。

ただ審査が甘い傾向にあるため、利用しやすい傾向にあります。

金利については下限金利が2.4%で、上限金利が18%です。

3.ノンバンク不動産担保ビジネスローン

ノンバンク不動産担保ビジネスローンは、法人・個人事業主が事業資金を借りるために申請することができる不動産担保ローンです。融資可能額が大きく、担保がしっかりしていれば借りやすい不動産担保ローンと言えるでしょう。

審査が比較的通りやすく、審査時間も短いのが魅力となっています。ただ事務手数料が高いケースも多いので、自己負担が大きくなる恐れがあるでしょう。

金利は下限金利が2.5%、上限金利が18%になります。

4.ノンバンク不動産担保カードローン

ノンバンク不動産担保カードローンは、不動産を担保にしたカードローンです。ローンカードを利用することで、借入額の範囲内で借入や返済を自由に行うことができます。

コンビニATMや銀行ATMで利用することができるため、利便性が高いのが特徴です。事務手数料が無料のものも多いのがメリットです。ただ通常の不動産担保ローンよりも審査が厳しく、限度額も小さくなることが多いので注意しましょう。

金利は下限金利が2.99%、上限金利が15%です。

5.ノンバンク不動産担保つなぎローン

ノンバンク不動産担保つなぎローンは、つなぎ融資のための不動産担保ローンとなっています。12ヶ月の返済期間となっており、一括返済を採用していることが多いようです。

返済原資が整っていれば、審査に通りやすいのが魅力になっています。金利は高い傾向にあるようなので注意しましょう。

金利は下限金利で3.4%、上限金利は15%となっています。

6.ノンバンクソーシャルレンディング型不動産担保ローン

ソーシャルレンディング型の不動産担保ローンは、個人が数万円から投資することができるソーシャルレンディングで資金を調達する不動産担保ローンとなっています。

比較的大きな借入を実現することができますが、不動産投資という視点から、魅力的な案件ではないと審査が通らないケースも多いので注意しましょう。

金利は下限金利で5%、上限金利で15%となっています。

不動産担保ローンで低金利は銀行系

不動産担保ローンの形は様々ですが、その中でも低金利が実現されているのは銀行系の不動産担保ローンであることがわかります。平均的に低金利であることが多く、安定感もあるので信用して借入するには不動産担保ローンがおすすめです。

しかし審査が通りにくいなどのデメリットもあるので、それぞれの特徴を理解した上でローンを組むようにしましょう。

不動産担保ローンのデメリット

長期的な借入や融資額が大きいのが魅力な不動産担保ローンですが、中にはデメリットを感じる面もあります。事前に把握しておかないと、後悔することに繋がる恐れもあるので理解しておきましょう。

今回は、不動産担保ローンのデメリットについて紹介していくので参考にしてみてください。

不動産担保ローンのデメリット

不動産担保ローンは、いくつかデメリットがあります。融資を受ける前に事前に把握しておくことで、対応することができることもあるので把握しておきましょう。

・低金利といっても公的融資の方が金利は低い

不動産担保ローンは低金利が魅力と言われていますが、あくまでもカードローンやキャッシングと比較すると低金利で提供されているという点を理解しておくことが大切です。

銀行融資や公的融資と比較すると、金利は高い方なので状況によっては、不動産担保ローンよりも銀行融資や公的融資に融資を受けた方がいいケースもあります。

しかし銀行融資や公的融資は審査が厳しい面や資金使途が限定的であることが多いので、自由度が高いローンを希望している場合は不動産担保ローンの方がおすすめです。

・諸費用が発生する

不動産担保ローンは、担保にする不動産の不動産鑑定を行う必要があるため、いくらかの諸費用が発生します。諸費用については、事務手数料や登記管理費用、印紙代などがかかるので事前に確認しておくことが大切です。

諸費用は実費で負担する必要があるので、不動産担保ローンの審査を受ける前に準備しておく必要があります。

・担保にする不動産が必要

不動産担保ローンは、担保にする不動産を持っていることが前提として、融資を受けることができます。そのため担保にする不動産を事前に用意しておかないと、審査を受けることができません。

ただ担保にすることができる不動産は、自身が保有している不動産ではなくても、家族や法人が保有している不動産でも担保にすることができるので、双方に問題がない形であれば、自身以外の不動産を担保にして融資を受けることも可能です。

不動産担保ローンの注意点

不動産担保ローンのデメリットを紹介していきましたが、次に注意点についても解説していきます。事前に確認しておき、ローンを組む上での参考にしてみてください。

・銀行では法人向けの不動産担保ローンを提供していないことが多い

銀行では不動産担保ローンの提供を行っていても、法人向けの不動産担保ローンを提供していないケースが多いのです。

理由としては銀行融資において、不動産を担保につける融資の形があるので、同じようなローン商品は必要ないと考えられています。

そのため法人の場合は、ノンバンクでの不動産担保ローンを検討する必要があるので注意しましょう。

・即日融資が厳しい

不動産担保ローンの中には、最短で即日融資が可能と宣伝している金融機関もありますが、基本的には不動産の鑑定を慎重に行う必要があるため、審査に時間がかかるケースがあります。

そのためあくまでも最短と書かれていても、実際に即日融資されるケースは少ないので、十分注意してから申請を行うことが大切です。

重要なのは余裕を持って、不動産担保ローンの申請を行うことが重要なので、事前にどれくらいの時間がかかるのか相談しておくようにしましょう。

不動産担保ローンのデメリットや注意点を事前確認

不動産担保ローンは長期的な返済が可能などのメリットもありますが、事前に担保となる不動産が必要になることや即日融資が厳しいといった注意点も把握しておくことが大切です。

事前にどれくらいの審査時間がかかるのか、不動産担保ローンにはどのようなデメリット、注意点があるのかしっかり確認してから申請するようにしましょう。

不動産担保ローンの比較

不動産を担保にして融資を受けることができる不動産担保ローンを組むのであれば、出来るだけ条件がいい金融機関を選択したいと考えるのは当然でしょう。審査基準や融資条件は、不動産担保ローンを提供している金融機関によって異なります。

今回は、不動産担保ローンを提供している金融機関の比較などを行っていくので、参考にしてみてください。

不動産担保ローンを提供している金融機関

不動産担保ローンを提供している金融機関は、主に銀行とノンバンクのどちらかになります。それぞれ、どのような違いがあるのか紹介していきましょう。

・銀行

都市銀行や信用金庫などの金融機関が行っている不動産担保ローンは、比較的金利が低めに設定されているのが特徴です。不動産担保は融資額が高額になりやすいことや長期的な返済を基本としていることから、低金利で借入することができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

ただデメリットとしては、審査条件が比較的厳しいということや融資までにかかる審査時間が長いという点です。

他にも資金使途に制限があるケースや保証会社との契約が必要になるため、手間が発生することや使い勝手が悪いのも難点と言えるでしょう。

・ノンバンク

ノンバンクは銀行とは異なる預金や送金などの業務を行わない、融資専門の金融機関になります。銀行系列の会社と独立系の会社が提供するものなど、色々な形態に分かれているので、どのような特徴を持っているのか事前に把握してから契約することが大切です。

まず銀行系列ノンバンクは銀行が経営母体にある金融機関で、銀行系であることから安心して融資を受けることができます。その分、審査が厳しい特徴を持っているので状況によっては、融資してもらえない可能性もあるので注意しましょう。

また審査に時間がかかることや条件が厳しいなどの面もあるので、銀行の不動産担保ローンのような特徴を持っています。

独立系ノンバンクの場合は、銀行とは関係なく独自の審査や基準を持っている金融機関となっているため、比較的高額な借入を実現することが可能です。他にも融資までの審査時間が短いなど、融通を利かせてくれる面もあるので急いで融資して欲しい方には助かる性質を持っています。

不動産担保ローンそれぞれの比較

主に銀行系と独立系に分かれている不動産担保ローンですが、安心感を求めるのであれば銀行系がおすすめです。多少の融通が利かないのが難点になります。

資金使途も限定的な融資とされることが多いので、有効的に様々な資金調達として不動産担保ローンを検討している方には向かない融資の方法と言えるでしょう。

独立系の不動産担保ローンの場合は、管理している会社にもよりますが、独自の審査基準を設けているため、審査時間が短く融資額も大きい傾向にあります。

ただ運営する上での安心感や安定感は銀行の方があるので、少しでも不安に感じるのであれば、銀行系を選択する方がいいでしょう。

どちらもメリットやデメリットがあるので、自分が求めている融資の内容を把握して、理想的な借入が実現できる金融機関を選択する必要があります。

不動産担保ローンを提供する金融機関の特徴を理解する

不動産担保ローンは、不動産を担保にして融資を受けることができるのは、どの金融機関でも同じです。しかし融資条件や審査の時間などには、それぞれ特徴があるため、事前に口コミや評価を確認してから金融機関を選ぶことが大切になります。

銀行系は安定感があるものの、融資についての融通が利かないのが難点です。独立系は融資に対しての融通が利く分、安心感は銀行系の方があると言えます。

それぞれのメリットやデメリットを把握して、不動産担保ローンを契約する際の参考にしてみてください。

不動産担保ローンの金利ってどれくらい

不動産を担保にすることで融資を受けることができる不動産担保ローンは、比較的低金利であることで知られていますが、具体的にはどれくらいの金利で融資を受けることができるのでしょうか。

今回は、不動産担保ローンの金利や低金利で借りる方法について、具体的に紹介していくので参考にしてみてください。

不動産担保ローンの金利

不動産担保ローンの金利は、取り扱っている会社などによって異なります。基本的には0.9%~10%以内であるのが一般的です。

基本的にカードローンやキャッシングと比較すると、低金利であることから月々の返済負担やトータルの返済額を少なく済ませることができます。

そのため借り換えなどで、不動産担保ローンにおまとめする方も多いのです。しかし不動産担保ローンを組む上では、不動産を担保にする必要があるので、担保価値の高い不動産を用意するのが前提条件になります。

不動産担保ローンを低金利で借りる方法

比較的低金利で融資を受けることができる不動産担保ローンですが、より低金利で借りるためにはどのような方法を実施すればいいのでしょうか。具体的な方法について紹介していきます。

・上限金利が低金利の不動産担保ローンを選択

基本的にローン商品には、下限金利と上限金利が設けられており、ほとんどが上限金利で融資を受けることが多いのが特徴です。ローン商品が下限金利を設けているのは、基本的に見せ金利であることがほとんどで、審査の評価が高い方以外は下限金利になることはないと言われています。

不動産担保ローンを利用する方の9割以上は、上限金利でローン契約することから、より低金利の不動産担保ローンを組みたいのであれば、上限金利が低い不動産担保ローンを選択することがおすすめです。

・金利タイプを変動金利にする

不動産担保ローンには、変動金利と固定金利があり、変動金利は景気動向によって金利が変動するのが特徴です。景気がよくなると金利が上がり、景気が悪くなると金利が下がる傾向にあります。固定金利の場合は、借入から完済まで金利が変わらないのが特徴です。

基本的には、不動産担保ローンは長期的な返済を前提として借入を行う方が多いため、固定金利の方が安定して返済を続けることができます。

しかしより低金利での返済を希望する場合は、変動金利という選択肢もあるので、どちらの金利タイプがいいのか、事前に考慮してから借入を行うようにしましょう。

・担保価値に対して借入額が少ないと低金利になりやすい

不動産担保ローンを契約するためには、不動産を担保にする必要があります。その時に担保価値がいくらになるのか審査が入るのが特徴です。

担保価値に比べて、借入額が少ない場合には低金利になる可能性が高いと言われています。低金利を希望する場合は、担保価値に対して満額を融資してもらうのではなく、比較的少ない借入額にすると低金利で返済が可能です。

・諸費用が安い不動産担保ローンを選択

不動産担保ローンの金利を安くしたいのであれば、諸費用についても着目する必要があります。不動産担保ローンは、不動産を評価するために事務手数料などの諸費用が発生するため、返済負担が大きくなるのが特徴です。

そのため出来るだけ諸費用がかからない不動産担保ローンを選択するのが、低金利で不動産担保ローンを契約する方法になります。

不動産担保ローンの特徴を理解して低金利を目指す

不動産担保ローンを提供しているローン会社はいくつかあります。その中でも低金利でローンを組むためには、事前にそれぞれのローン会社の特徴を理解しておくことが大切です。

今回紹介した低金利で借りる方法を参考に、不動産担保ローンの見直しを行ってみてください。

不動産担保ローンでの借り換えメリット・デメリット

以前に融資を受けているローン商品から、別のローン商品に債務を移すことで返済の負担を減らすことができる借り換えは、メリット・デメリットがあります。

今回は不動産担保ローンに、借り換えする時のメリットやデメリットを解説していくので参考にしてみてください。

不動産担保ローンでの借り換えメリット

比較的低金利で長期的な返済が可能な不動産担保ローンですが、借り換えする上でのメリットはどのようなことが考えられるのでしょうか。

詳しい内容を紹介していくので参考にしてみてください。

・以前のローン商品より金利が低いと負担が減る

無担保ローンであるカードローンやキャッシングと比較すると、不動産担保ローンは比較的低金利であることがわかります。そのため不動産担保ローンに借り換えすることで、返済負担を軽減することが可能です。

金利が借り換えによって低くなると、利息や毎月の返済額、総返済額が安くなるので全体的に負担が少なくなります。

現在利用しているローン商品の金利が高い場合は、不動産担保ローンに借り換えを行えば、金利が低くなるので大きなメリットとなるでしょう。

・長期的な返済が可能であるため毎月の返済負担が軽減

カードローンやビジネスローンは、最長でも返済期間が10年となっていることから、それまでに借入額を返済しないといけないため毎月の返済負担が重くなります。

しかし不動産担保ローンの場合は、最長で35年の返済期間を設けることができるため、毎月の返済負担を軽減することが可能です。

全体的に金利も低いことから、長期的な借入でも負担が少なくなるので、長期的な融資を受けることを考慮するのであれば、不動産担保ローンへの借り換えはメリットがあります。

・追加融資を受けられる可能性

無担保ローンであるカードローンやビジネスローンは、担保がないことから融資を受けることができる上限も最大で500万円と設定されていることも少なくありません。

また最大融資額を受けることも難しく、十分な資金調達が出来ないことも多いでしょう。

不動産担保ローンの場合は、担保価値によっては1億円ほどの融資を受けることもできます。そのため他のローン商品で100万円の負債があったとしても、不動産担保ローンの借り換えで2,000万円の融資を受けることができれば、追加で1,900万円もの融資を受けることが可能です。

他のローン会社で借入を行っていても、不動産を担保にすることから不動産担保ローンは審査に通りやすいことから借り換えするメリットはあります。

不動産担保ローンでの借り換えデメリット

低金利で長期的な借入が可能になる不動産担保ローンですが、借り換えする上でデメリットも存在しています。

どのようなことがデメリットとして考えられるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

・不動産を失う可能性がある

不動産担保ローンに借り換えした場合、不動産を担保にすることから返済できない時には、不動産を売却されて失う可能性があります。

・担保になる不動産が必要

不動産担保ローンに借り換えする場合、根本的に担保になる不動産が必要になります。担保にする不動産は自身が保有しているものではなくても、家族や法人が保有している物でも申請することが可能です。

ただお互いが了承して、納得のいく形で担保に入れる必要があるので、リスクを承知で申請する必要があります。

不動産担保ローンを借り換えするならメリット・デメリットを把握する

不動産担保ローンを借り換えするのであれば、事前に今回紹介したメリットとデメリットを理解しておく必要があります。

長期的な借入が出来る分、不動産を失うリスクを負うことになるので、予め計画的に借り換えを行うことが重要です。

不動産担保ローンのメリット

自身・家族・法人が保有している不動産を担保にすることで、融資してもらうことができる不動産担保ローンは具体的に、どのようなメリットがあるのでしょうか。

今回は、不動産担保ローンのメリットについて、詳しい内容を紹介していくので参考にしてみてください。

不動産担保ローンで資金調達するメリット

不動産担保ローンは、他のローン商品と比較してもメリットに感じる部分があります。どのようなポイントが不動産担保ローンのメリットなのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

・審査が通りやすい

不動産担保ローンは、通常ローン商品と比較すると担保があることから比較的審査が通りやすい傾向にあります。理由としては、利用者の返済が滞ったとしても不動産を売却して回収することができるためです。

そのため不動産担保ローンを組んだ後は、計画的に返済できるように無理のない返済額に設定しておく必要があります。

他のローンには担保があることから、不動産担保ローンは審査が通りやすい傾向にあるので、以前返済事故を起こしたなどのトラブルがない限りは、問題なく融資を受けることができるでしょう。

・長期返済が可能

銀行融資などは短期の融資であることが多く、ビジネスローンについても金利が高いことから長期の資金調達の方法としては得策と言えません。

その点、不動産担保ローンは最長で35年ほどの返済期間を設定することができるので、無理なく借入することができます。

長期返済が可能であるため、無理なく返済することができるので計画的に資金調達することが可能です。

・比較的低金利

ビジネスローンなどの他のローン商品と比較しても、不動産担保ローンは低金利が実現されています。そのため長期的な借入を行っても、最終的な返済額が高くならないので安心して融資を受けることが可能です。

ただ銀行融資や公的融資と比較すると、金利が高いこともあるので、自分が求めている融資の内容次第では他のローン商品を契約した方がいいケースもあります。

・資金使途が自由

銀行融資などは、資金使途が限定的であることから、使い勝手が悪いと感じることもあります。しかし不動産担保ローンであれば、資金使途が自由であることから状況に応じて資金を利用することが可能です。

従業員の給与支払いが足りない時、税金の納税資金など、様々な資金使途に活用することができるので、運転資金としても利用することができます。

不動産担保ローンの注意点

資金使途が自由で、長期返済が可能な不動産担保ローンですが、メリットだけではありません。いくつか注意しないといけない点があるので、参考にしてみてください。

・返済が滞ると不動産を失う

不動産担保ローンは、保有している不動産を担保にして融資を受けるローン商品であるため、返済が滞ると不動産を失ってしまいます。

そのため長期的な返済が可能といっても、無理のない返済計画で支払いを行っていくことが大切です。

・諸費用が発生する

不動産担保ローンの種類にもよりますが、契約する上で不動産鑑定を行う必要があるため、登記関連費用や印紙代などの、諸費用が発生することがあります。

諸費用については実費負担になることから、いくら必要になるのか、事前に把握しておき用意しておくことが重要です。

資金調達に困ったら不動産担保ローン

個人・法人どちらでも資金調達に困った時は、不動産担保ローンを活用すれば、資金使途自由で融資を受けることができるので、様々な困難を乗り切ることができます。

ただ不動産を担保にすることから、不動産を失うリスクについても把握しておくことが大切です。長期的な返済が可能といっても、毎月返済する必要があるので無理のない計画で返済していきましょう。

相続時の不動産担保ローン

両親から不動産を相続する場合、不動産の評価額などによっては綺麗に相続することができないこともあります。その場合、不動産担保ローンを活用して公平に分けることが可能です。

今回は相続時の不動産担保ローンの利用で、どのように遺産を分けることができるのか、また利用時の注意点を解説していくので参考にしてみてください。

相続時に不動産担保ローンを活用する

相続時に現金が遺産として残されている場合は、兄弟で公平に分配することは可能です。しかし不動産といった形のある遺産は、売却化して相続人同士で分け合う以外には、ほとんど現金で公平に遺産を分ける方法がないのが難点と言えるでしょう。

そんな時に有効活用することができるのが、不動産担保ローンを活用する方法です。例えば実家を相続する場合、評価額が3,000万円で現金が500万円の遺産が残されていた場合は兄弟2人であれば1人あたり1,750万円ずつ相続することになります。

その場合、実家を相続した人間が現金500万円をもう一人に渡したとしても、1,250万円を支払う必要が出るため不動産担保ローンを利用するのも一つの手です。

不動産担保ローンは比較的大きな融資を受けることができ、個人であっても審査に通りやすい傾向にあるので、気軽に申請することができます。

返済期間も25年から30年程度の長期返済も可能となっており、金利も比較的低いのが魅力です。相続時に遺産の分配が難しく、不動産資産も売却することを望んでいない場合は、不動産担保ローンを活用することも検討してみてください。

不動産担保ローンを活用する時の注意点

大きな借入が可能で低金利が魅力な不動産担保ローンですが、相続時に組む上でいくつか注意しないといけない点があります。どのような点に注意するのか紹介していきましょう。

・不動産を失うリスク

不動産担保ローンは、不動産を担保にすることから返済が滞った場合は、相続した不動産も失ってしまう恐れがあります。そのため確実に返済することができる計画のもと、利用する必要があるのです。

返済額はある程度、余裕を持った金額に設定することができるので、可能な範囲で不動産担保ローンを組むことが、不動産を失うリスクを軽減する方法になります。

・諸費用がかかる

不動産を相続する場合、登記費用や事務手数料などの諸費用がかかることがあります。そのため不動産を相続する場合は、事前に諸費用分も考慮しておくことが重要です。

遺産の分配を公平にするだけでなく、不動産を自分の所有とする場合の諸費用についても把握した上で不動産担保ローンの融資額を決める必要があります。

・借入に時間がかかる可能性

不動産担保ローンは、不動産の担保価値を調査するなどの審査時間がかかるケースがあるため、申し込みから借入まで3週間から1ヶ月は見込んでおく必要があります。

担保物件によっては1ヶ月以上かかるケースもあるので、相続する遺産がある場合は期間に余裕を持って申し込みを行うことが大切です。

相続時の遺産分配には不動産担保ローンがおすすめ

相続時に不動産が遺産として残されている場合は、綺麗に遺産分配するのが難しいことがあります。その場合は不動産担保ローンを有効活用すれば、上手く公平に分けることが可能です。

ただ不動産担保ローンは、担保が必要になることから不動産を失うリスクや申し込みから借入には時間がかかることを想定しておく必要があります。

また返済額についても、事前に計画的に決めておかないと、生活が厳しくなるケースもあるので事前にリスクを把握した上で不動産担保ローンの利用を検討することが大切です。

不動産を残して遺産を綺麗に分配したい場合には、不動産担保ローンは有効活用することができるので、一度考慮してみるといいでしょう。

どういった資金調達に効果的?

保有している土地や建物といった不動産を担保にすることで融資を受けることができる不動産担保ローンは、資金使途自由であることから様々な資金調達に活用することができます。

具体的には、どのような資金調達に効果的なのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

起業・開業の資金調達に便利

会社を起業したい、病院を開業したいという時に、自己資金が足りないこともあるでしょう。また起業・開業する時には、想定以上の費用がかかることがあるので、余裕を持って資金調達をしたいという方もいるはずです。

起業・開業したとしても、事業が軌道に乗るまでの運転資金を確保する意味でも、不動産担保ローンは効果的に活用することができます。

起業・開業するために、会社員を辞めて無職・無収入といった方でも、不動産担保の担保価値や事業計画がしっかりしていれば、資金調達することができるのが不動産担保ローンのメリットです。

不動産担保ローンは、不動産の担保価値にも関係しますが、他のローン商品よりも高額融資が可能であるため十分な起業・開業の資金調達として有効活用することができます。

当座の運転資金をすぐに用意

会社を運用する上で、取引先からの支払いが遅れてしまったり、想定外の投資が必要になるなど急な出費が重なることはあるでしょう。そんな資金調達に便利なのが不動産担保ローンです。

必要書類を事前に用意しておけば、速やかに審査が行われるので、急な出費が発生した時の運転資金として融資してもらうことができます。

ただ通常のローン商品と比較すると、土地や建物の担保価値を検討する際に審査に時間がかかるケースもあるので、即日融資が行われないこともあるので注意しましょう。

不動産担保ローンは比較的低金利であるため、融資を受けるのであれば、最終的に支払い金額が少なくて済む不動産担保ローンはおすすめです。

事業拡大の資金

事業を拡大するために設備投資を行うことは会社ではあり得る話です。その場合、費用が高額になることから自己資金では十分に補うことが難しいこともあるでしょう。

また広告などを活用すれば、会社の事業拡大・宣伝効果が期待できるので、広告に投資をしたいという会社もあります。

そんな投資したい時に資金調達の手段として有効活用することができるのが、不動産担保ローンです。

不動産担保ローンは資金使途を自由に決定することが可能なので、設備投資や広告の宣伝費として有効活用することができます。

会社の運用に困った時には不動産担保ローンはおすすめ

会社を起業・開業する時にも不動産担保ローンはおすすめですが、運転資金の調達についても不動産担保ローンはすぐに借入ができ、金利も低いことから有効活用することができます。

会社の収益化が順調であれば、資金を捻出するのも簡単ですが、常に収益が安定しているとは限りません。

そのための手段として、不動産担保ローンで融資を受けることを検討しておいても損はありません。何を担保にするかによって融資額は異なりますが、基本的なローン商品よりは不動産を担保にすることから信用力が高いので、高い融資額を実現することができます。

会社の資金調達に苦労している場合は、不動産担保ローンの契約を検討してみてください。

不動産担保ローンは計画的に返済していくことが大切

不動産担保ローンは会社の資金調達に便利に分、不動産を担保にすることから返済が滞ると、不動産を失ってしまうリスクを負うことを忘れてはいけません。

何を担保にするかによって、会社の進退にも大きく関わる可能性があるので、資金調達に不動産担保ローンを利用する場合は、計画的に返済を行っていくことが大切です。

ある程度、返済額は余裕を持って決めることができるので、無理のない返済計画を立てていきましょう。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査