お役立ち情報

不動産担保ローン|親名義の不動産でも融資を受けられるのか?

不動産担保ローンを利用するにあたり、「親名義の不動産を担保にしたい」と考えている方はいらっしゃいませんか?
不動産担保ローンは、担保として不動産を提供するのがルールですが、もし自分の所有する不動産ではない場合、担保として認められるのか気になるところでしょう。
そこで、今回は不動産担保ローンを利用するにあたり、「親名義の不動産でも融資を受けられるのか」をご紹介します。

 

不動産担保ローンは「親名義の不動産」でも認められるの?

結論から言いますと、不動産担保ローンでは親名義の不動産を担保とすることが認められています。
担保と聞くと「自分が所有している不動産しか認められないのでは…」といったイメージがありますが、実際は親名義であっても問題はありません。

 

不動産担保ローンは親以外の名義も認められる?

不動産担保ローンは親以外の名義の不動産も担保として認められます。
例えば、祖父母や兄弟、配偶者といった親族所有の不動産の他、自身が経営する会社の役員が所有する不動産も不動産担保ローンの担保にできるのです。
必ずしも「親名義しか認められない」というわけではありませんので、覚えておくと良いでしょう。

 

不動産担保ローンで「親名義の不動産」を提供する際の注意点

不動産担保ローンでは、親名義の不動産を担保として設定することができますが、いくつか注意点があります。
金銭トラブルに陥ってしまうリスクもありますので、しっかりと注意点を把握しておきましょう。

 

親から不動産を担保にする了承を得る

親名義の不動産を不動産担保ローンの担保とする場合、親から了承を得る必要があります。
無許可で不動産を担保にしてしまうと、トラブルになってしまうだけでなく、手続きもスムーズに進まず、問題が生じてしまいます。
また、親名義の不動産を担保にする場合は「連帯保証」が必要となるため、そもそも無断で不動産を担保にすることはできません。
不動産担保ローンで、親名義の不動産を担保にすることを検討している方は、まずは親からの同意を忘れないようにしましょう。

 

不動産担保ローン会社によっては認められない

不動産担保ローン会社によっては、親名義の不動産を担保にできない場合がありますので注意してください。
現在は、ほとんどの不動産担保ローン会社が「親名義の不動産を担保にすること」を認めていますが、中には融資条件が厳しく「本人所有不動産のみ可」としている会社もあります。
不動産担保ローンで親名義の不動産を担保にするのであれば、不動産担保ローン会社の融資条件を調べておくと安心です。

 

所有者が高齢の場合は別途審査がある

不動産担保ローンで親名義の不動産を担保として提供するにあたり、所有者である親が高齢の場合は別途で審査が必要となることがあります。
なぜなら、親が「正常な判断ができない高齢者」である場合、適切に判断できなかったことから、所有者が損害を被ることが考えられるからです。
仮に親が認知症などではなくても、場合によっては別途で審査が発生することを頭に入れておきましょう。

 

親名義の不動産でも不動産担保ローンを利用できる!

今回ご紹介した通り、不動産担保ローンは親名義の不動産でも担保にできるケースがほとんどです。
そのうえ、担保名義が仮に融資希望者本人ではないことが、融資上限額や返済期間などに影響することはありませんので安心です。
とはいえ、親名義の不動産を担保とする場合は、いくつか注意点もありますのでしっかりと把握しておかなければなりません。
現在、不動産担保ローンで親名義の不動産を担保とすることを検討している方は、本ページの内容を参考にしてみてください。

 

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査