お役立ち情報

不動産担保ローンを借りるためには?融資までの流れを紹介!

不動産担保ローンは、不動産を担保にすることから、資産価値を確認するための時間など、一定の流れがあります。事前に把握しておき、どのような流れになるのか把握しておきましょう。

今回は、不動産担保ローンの融資までの流れを紹介していくので、参考にしてみてください。

借りるまでの流れ

不動産担保ローンを組み、融資を受けるまでにどういった手順が踏まれているのでしょうか。詳しい手順を紹介していくので、参考にしてみてください。

相談や仮審査

不動産担保ローンを契約する金融機関にもよりますが、申し込みは電話やFAX、ホームページから受け付けてもらうことができます。

銀行などでは、窓口で受付というケースも多いですが、ノンバンクの不動産担保ローンであれば、様々な方法で申し込みを受け付けていることが多いでしょう。

申し込み

金融機関に不動産担保ローンの申し込みを行うためには、必要書類を提出する必要があるので、事前に準備を行っておくことをおすすめします。

金融機関ごとに、必要書類が微妙に異なることがあるので、確認した上で必要書類を準備していきましょう。

特にホームページでの受付は、24時間受け付けてくれることが多いので、素早く不動産担保ローンの審査を受けたいという方にはおすすめです。

審査や条件提示

必要書類を提出して申し込みを行った後は、ノンバンクであれば最短1営業日で審査を実施してもらうことができます。素早い審査を実施してもらうことができるので、早く融資してもらうことが可能です。

審査結果に基づいて担当者と面談を行い、不動産担保ローンの本申込を実施します。その際に、質問内容や気になることがあれば、都度確認していきましょう。

本申込を実施した後は、担保不動産の現地調査が行われます。本審査の結果、融資が実行される場合は融資条件が提示されるでしょう。

契約や融資実行

条件提示に納得したのであれば、融資に関する契約書の作成が行われます。契約書については、来店した上で契約書の調印を実施して、融資が実行されるでしょう。

契約書が確認されて、問題ないことがわかれば、指定した銀行口座に、契約書の内容通りの融資金が振り込まれることになります。

ノンバンクであれば、申し込みを行ってから1週間程度で融資してもらうことができるので、素早く高額融資を受け取ることが可能です。

まとめ

不動産担保ローンを借りるまでの流れを紹介しましたが、金融機関によって流れや勝手が異なることがあるので、事前に確認の上、必要書類などを提出するようにしましょう。

不動産担保ローンの流れを把握して事前準備

不動産担保ローンは、不動産を担保にして融資を受ける流れになるため、事前にどういった流れになるのか把握しておくことが大切です。

また相談した段階で、どのような書類が申し込みの際には必要になるのか、確認しておく必要があります。

事前に必要書類の内容を理解しておけば、審査の段階まで素早く進めることができるので、融資スピードも早くなるでしょう。

今回紹介した不動産担保ローンの流れを把握した上で、融資を受けてみてください。

アビックの不動産担保ローンのご案内

以上が不動産担保ローンの一般的な説明ですが、アビックの不動産担保ローンではもっと柔軟に対応しています。詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンのご案内