お役立ち情報

不動産担保ローン|評価額の審査方法について詳しく解説


不動産担保ローンを検討している方にとって「不動産の評価額」は気になるポイントではないでしょうか。

不動産ごとに評価額は異なりますが、あらかじめ目安を把握できれば、融資の計画を立てやすいものです。

そこで、今回は不動産担保ローンにおける、不動産評価額の審査方法について解説します。

 

不動産担保ローンの評価額は金融機関によって異なる

不動産担保ローンは、結論からいうと金融機関によって差があるのが現状です。

一口に「評価額」といっても、金融機関ごとに設けている審査基準や、鑑定士の判断が異なります。まったく同じ不動産でありながら、少なからずずれや差が生じてしまうのは仕方のないことなのです。

 

不動産担保ローンの評価額の審査方法

不動産担保ローンの評価額はどのように決定するのでしょうか。

ここからは、不動産担保ローンの評価額の審査方法について解説します。

 

原価方式

原価方式は、「新たに作る、もしくは入手するにあたってどれくらいかかるか」をはじめに算出し、古くなって価値が低下した状態を計算するという方式です。

現在価格を導き出すことで、適切な評価額が割り出せるという考え方といえます。

 

比較方式

比較方式とは、「似た条件の不動産がいくらくらいで取引されているか」を基準に評価額を求める方式です。

主に20件ほどの不動産を参考にし、そこからさらに不動産を5件ほどに絞って不動産担保ローンの評価額を産出します。

 

収益方式

収益方式とは、元本を求めて不動産担保ローンの評価額を審査する方式です。主に、「賃貸として出した場合の想定利回り」などから算出されることが多く、想定できる純収益をもとに評価額を審査していきます。

 

 

不動産担保ローンの評価額が鑑定士によって異なる原因

不動産担保ローンの評価額は鑑定士によって異なってしまうのが現状です。

ここからは、不動産担保ローンの評価額が鑑定士によって異なる原因について解説します。

 

情報収集した不動産の違い

担保とする不動産に似た不動産情報を探すにあたり、どの不動産を参考とするかは鑑定によって異なります。

そもそも世の中には似た不動産は無数に存在するため、参考資料としてピックアップする不動産は鑑定士ごとに大きく異なるのです。「どのような条件の不動産を“似ている”と判断するか」が鑑定士ごとに異なることから、評価額が鑑定士ごとに異なってしまうのです。

 

そもそも計算方法が異なる

不動産担保ローンの評価額を求めるにあたり、そもそも鑑定士ごとに選択する計算方法は異なります。

本ページでご紹介した通り、評価額を求める計算方法は複数あり、どの計算方式を選ぶからは鑑定士によるのです。

当然、仮に同じ不動産であっても、計算方式が異なれば評価額は大きく違ってきます。

 

収益面の計画の立て方が異なる

担保とする不動産で収益を生み出す場合の計画の立て方によって、評価額は異なります。

例えば、土地のみの不動産を担保とする場合、「マンションを建てるのか」「戸建てを立てるのか」「駐車場にするのか」など、計画の立て方は鑑定士ごとに異なります。

計画によって具体的な収益は異なることから、鑑定士ごとに不動産担保ローンの評価額が違うのです。

 

不動産担保ローンの評価額の審査方法を理解しましょう

不動産担保ローンを検討しているのであれば、評価額の審査方法を正しく理解しなければなりません。

特に、不動産担保ローンが初めての方の場合、あらかじめ把握しておかないと「思っていたよりも融資額が少ない」といった問題に陥る可能性があります。

不動産担保ローンで失敗しないためにも、評価額の審査方法について頭に入れておきましょう。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査