お役立ち情報

不動産担保ローンの使い道は?何に利用できるか紹介!



不動産担保ローンは、銀行やノンバンクなど、いくつかの金融機関で提供されています。そんな不動産担保ローンは、どのような使い道ができるのでしょうか。

今回は、不動産担保ローンで受けた融資は、何に利用することができるのか、詳しい内容を紹介していきます。

制限なく幅広く使える

基本的に、不動産担保ローンは融資を受けた人の自由に資金を使える、「資金使途自由」であることが多い傾向にあります。

資金使途自由と記載されている不動産担保ローンであれば、制限なく幅広く融資で受けたお金を利用することが可能です。

ただ銀行などでは、融資した資金の使い道を限定していることがあります。金融機関によって、不動産担保ローンの利用は制限されていることもあるので、融資を受ける際には資金の使い道について制限が設けられているのか、事前確認が肝心です。

個人で使うとき

不動産担保ローンを個人で契約して融資を受けた場合は、プライベートでの資金であれば、自由に利用することができます。生活費や雑費など、幅広く活用することができるので、理想的な資金の使い道が実現可能です。

ただ個人で不動産担保ローンを契約した際には、事業性資金として利用することができないこともあります。個人向け不動産担保ローンにも、利用する上で制限が設けられていることもあるので、不動産担保ローンを契約する前に、利用する金融機関の資金使途について理解を深めておくことが大切です。

法人や個人事業のとき

不動産担保ローンを法人向け、個人事業向けで融資を受けた場合、基本的に利用条件は事業資金であることに限られるケースが多いでしょう。

生活費など、プライベートで必要なお金として活用することができず、制限が設けられていることがあるので、事前に確認しておくことが大切です。

金融機関によって、法人や個人事業向けの不動産担保ローンの資金使途は様々ですが、原則としては事業資金としか使用できないケースがほとんどなので、一度相談してみることをおすすめします。

納税など

納税資金として、不動産担保ローンを利用する方もいるでしょう。税金には、国税や都道府県税・市町村税など様々な形で徴収されます。

特に消費税などは、お客様から法人が預かり、納付時期がきたら国に納めるという形になっているのですが、資金繰りに困った結果、消費税分を利用してしまったという事態に陥ってしまうこともあるのです。

そんな時、納税資金として不動産担保ローンを利用したいということもあるでしょう。

税金が未納となってしまうと、資産の差し押さえなどトラブルの原因になってしまうことから、納税の資金調達は重要です。

ノンバンクの不動産担保ローンであれば、主に資金使途自由で提供されているので、納税資金として利用することができます。

納税する際に、資金が足りないと感じた時には、ノンバンクの不動産担保ローンに相談してみましょう。

不動産担保ローンの使途は事前に確認

不動産担保ローンは、金融機関によって資金使途が制限されていることがあります。特に銀行では、事前に資金使途を制限した上で融資を受けるといった、条件が出されることがあるので、融資を受ける際には事前に確認しておくことが大切です。

そんな時、ノンバンクの不動産担保ローンであれば、基本的に資金使途自由で利用することができます。

事業資金や生活費、納税などに困った時には、ノンバンクの不動産担保ローンに相談してみてください。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査