お役立ち情報

不動産担保ローンにおける期限一括返済とは?メリット・デメリットを解説!



不動産担保ローンは、不動産を担保にして融資を受けるサービスのことです。そんな不動産担保ローンの返済方法として、「期限一括返済」というものがありますが、どういった返済方法なのでしょうか。

今回は、不動産担保ローンにおける期限一括返済について紹介していくので、参考にしてみてください。

不動産担保ローンにおける期限一括返済とは?

不動産担保ローンで多い返済方法としては、利息と元金を毎月の返済で支払う「元利均等返済」が一般的です。しかし「期限一括返済」は、毎月の支払いは利息だけに留まり、元金自体は期限に一括返済する方法のことを指しています。

毎月の元金返済がないことから、返済金額を低く設定して、負担を軽減することが可能です。

また期限一括返済を選択したからといって、元金返済ができない訳ではなく、契約期間中の元金の繰り上げ返済もできます。

毎月の返済負担を軽減し、大きな入金が発生する時に元金の支払いを実施するなど、柔軟な返済を実現することが可能です。

メリット

不動産担保ローンにおいて、期限一括返済を行うメリットとしては、毎月利息分だけの支払いになることから、毎月の返済負担がとても楽という点です。

期限日までに元金を一括返済しないといけないと聞くと、金額が高くなってしまい、負担が大きくなるのではないかと心配する方もいますが、大きな入金があった時に、こまめに元金返済しておけば、返済期日に高額返済しなくても済むこともあります。

また期限一括返済は、借りている元金を借入期間中は使用し続けることができるので、便利な資金調達の方法として利用することが可能です。

仕事やプライベートで毎月の資金を十分に確保したい時に、期限一括返済であれば、毎月の返済額が少ないので、負担を少なくして支払い続けることができます。返済が遅延するリスクも低減することが可能です。

特に不動産担保ローンは、融資期限が長く設定されていることが多いので、元金の支払い期日まで猶予が長いのが特徴になります。資金に余裕があれば、期日までに元金を支払ってしまうこともできるでしょう。

デメリット

不動産担保ローンにおける期限一括返済のデメリットとしては、元金の返済月までに一括元金の返済が要求される点です。

実際に、元金の返済は期限日までにコツコツ返済しておけば、期日にまとめて返済する心配はないのですが、うまく返済計画を立てていないと、後から大変な結果になってしまう恐れがあります。

特に不動産担保ローンの場合は、高額融資となることが多い傾向にあるので、今まで返済していない元金を返済期日に全て支払うのは、難しいと言えるでしょう。

そのため、不動産担保ローンで期限一括返済を利用する場合は、元金返済のための資金を確保できる確証がある場合に利用することをおすすめします。

無理のない返済計画を立てよう

不動産担保ローンにおける期限一括返済は、毎月の返済負担を軽減することができるため、余裕を持った資金繰りを行うことができます。返済期日の猶予も長いため、うまく運用していけば、大きな負担もなく返済することができるでしょう。

ただ元金の返済がうまくいかないと、期日までに一括返済が要求されるので、大きな負担となってしまう恐れがあります。

いつまでに元金を支払うのか、うまく返済計画を立てていくことが重要です。

毎月の返済金額を少なくして、資金繰りに余裕を持たせたいという方は、一度期限一括返済を検討してみてください。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査