お役立ち情報

不動産担保ローンの金利ってどれくらい

不動産を担保にすることで融資を受けることができる不動産担保ローンは、比較的低金利であることで知られていますが、具体的にはどれくらいの金利で融資を受けることができるのでしょうか。

今回は、不動産担保ローンの金利や低金利で借りる方法について、具体的に紹介していくので参考にしてみてください。

不動産担保ローンの金利

不動産担保ローンの金利は、取り扱っている会社などによって異なります。基本的には0.9%~10%以内であるのが一般的です。

基本的にカードローンやキャッシングと比較すると、低金利であることから月々の返済負担やトータルの返済額を少なく済ませることができます。

そのため借り換えなどで、不動産担保ローンにおまとめする方も多いのです。しかし不動産担保ローンを組む上では、不動産を担保にする必要があるので、担保価値の高い不動産を用意するのが前提条件になります。

不動産担保ローンを低金利で借りる方法

比較的低金利で融資を受けることができる不動産担保ローンですが、より低金利で借りるためにはどのような方法を実施すればいいのでしょうか。具体的な方法について紹介していきます。

・上限金利が低金利の不動産担保ローンを選択

基本的にローン商品には、下限金利と上限金利が設けられており、ほとんどが上限金利で融資を受けることが多いのが特徴です。ローン商品が下限金利を設けているのは、基本的に見せ金利であることがほとんどで、審査の評価が高い方以外は下限金利になることはないと言われています。

不動産担保ローンを利用する方の9割以上は、上限金利でローン契約することから、より低金利の不動産担保ローンを組みたいのであれば、上限金利が低い不動産担保ローンを選択することがおすすめです。

・金利タイプを変動金利にする

不動産担保ローンには、変動金利と固定金利があり、変動金利は景気動向によって金利が変動するのが特徴です。景気がよくなると金利が上がり、景気が悪くなると金利が下がる傾向にあります。固定金利の場合は、借入から完済まで金利が変わらないのが特徴です。

基本的には、不動産担保ローンは長期的な返済を前提として借入を行う方が多いため、固定金利の方が安定して返済を続けることができます。

しかしより低金利での返済を希望する場合は、変動金利という選択肢もあるので、どちらの金利タイプがいいのか、事前に考慮してから借入を行うようにしましょう。

・担保価値に対して借入額が少ないと低金利になりやすい

不動産担保ローンを契約するためには、不動産を担保にする必要があります。その時に担保価値がいくらになるのか審査が入るのが特徴です。

担保価値に比べて、借入額が少ない場合には低金利になる可能性が高いと言われています。低金利を希望する場合は、担保価値に対して満額を融資してもらうのではなく、比較的少ない借入額にすると低金利で返済が可能です。

・諸費用が安い不動産担保ローンを選択

不動産担保ローンの金利を安くしたいのであれば、諸費用についても着目する必要があります。不動産担保ローンは、不動産を評価するために事務手数料などの諸費用が発生するため、返済負担が大きくなるのが特徴です。

そのため出来るだけ諸費用がかからない不動産担保ローンを選択するのが、低金利で不動産担保ローンを契約する方法になります。

不動産担保ローンの特徴を理解して低金利を目指す

不動産担保ローンを提供しているローン会社はいくつかあります。その中でも低金利でローンを組むためには、事前にそれぞれのローン会社の特徴を理解しておくことが大切です。

今回紹介した低金利で借りる方法を参考に、不動産担保ローンの見直しを行ってみてください。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査