お役立ち情報

個人での不動産担保ローンを組んだ時何に使っていいの

不動産担保ローンは、担保にすることができる不動産があれば、個人でも融資を受けることができます。融資を受けた場合、どのような資金使途が可能なのでしょうか。

今回は個人での不動産担保ローンを組んだ時、何に使うことができるのか、詳しい内容を紹介していきます。

以降では不動産担保ローンの一般的なご説明をしています。

アビックの不動産担保ローンについての詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンのご案内

個人で不動産担保ローンを組んだ時の使い道

個人で不動産担保ローンを組んだ場合、基本的には資金使途は自由です。具体的には、どのような使い道にされることが多いのか、詳しい内容を紹介していきます。

・教育資金

子供の進路次第では、教育費が想定よりもかかることがあります。そんな時に不動産担保ローンを活用すれば、有効利用することが可能です。特に進学などのタイミングが重なってしまうと、貯蓄だけでは補うことが難しいこともあります。

教育資金として不動産担保ローンを個人で組むことは可能なので、子供の進路のために資金が必要な場合は利用してみましょう。

・納税資金

相続税など、生活する上で税金を納めることが増えてきます。その時に、多額の納税を行う場合には貯蓄で対応することができないこともあるでしょう。

そんな時に活用することができるのが不動産担保ローンです。不動産担保ローンを個人で契約した場合、基本的に資金使途は自由なので納税資金として活用することができます。

納税は遅れると差し押さえなど、トラブルのもとになることが多いので、早めに支払いを行うためにも不動産担保ローンを活用するのも一つの手です。

・リフォーム資金

住居には定期的なリフォームを行う必要があります。しかしリフォーム費用は大掛かりであるほど、費用が高くついてしまうことから、足りない分を不動産担保ローンで補うことも大切です。

不動産担保ローンの融資額は、担保価値にも左右されますが、基本的には高額融資が可能となっているので、リフォーム費用にも十分利用することができるでしょう。

・医療費

医療費の中には先進医療を受けるためには、健康保険の給付対象外となることがあります。その場合、多額の医療費を自己負担で補う必要が出てくるのです。

医療費によってはかなりの高額になることが予想されるので、貯蓄では対応しきれないことがあります。そんな時に個人で不動産担保ローンを組めば、資金使途は自由なので医療費の一部や全額を負担することができるでしょう。

ただ不動産担保ローンは、審査に時間がかかるケースがあるので、事前に審査を受けておき、速やかに融資が受けられるように進めておくことが大切です。

・有料老人ホームへの入居費用

高齢になったことから、家族に迷惑はかけられないと、有料老人ホームへの入居を検討する方も多いでしょう。

ただ有料老人ホームは入居費用が高くなることが予想されるので、足りない費用を不動産担保ローンとして支払いを行うことも検討することが大切です。

個人で不動産担保ローンを組めば資金使途は基本自由

銀行融資などでは、資金使途は制限されることがありますが、不動産担保ローンは資金使途について基本的に自由であるため、家族のため自分のために資金を利用することができます。

生活していく上で、突発的に多額の費用がかかることがあるでしょう。そんな時に貯蓄だけでは十分に対応することができないケースもあります。

担保に出来る不動産があれば、個人でも不動産担保ローンを組むことは可能なので、困った時のために不動産を確保しておくことは重要です。

不動産担保ローンは、長期的な返済が可能であることから融資額も大きいのが魅力になります。無理のない返済計画を立てて、必要な資金は不動産担保ローンで捻出することを検討してみてください。審査には時間がかかるケースも多いので、申請は余裕を持って行うようにしましょう。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査