お役立ち情報

不動産担保ローンの比較

不動産を担保にして融資を受けることができる不動産担保ローンを組むのであれば、出来るだけ条件がいい金融機関を選択したいと考えるのは当然でしょう。審査基準や融資条件は、不動産担保ローンを提供している金融機関によって異なります。

今回は、不動産担保ローンを提供している金融機関の比較などを行っていくので、参考にしてみてください。

以降では不動産担保ローンの一般的なご説明をしています。

アビックの不動産担保ローンについての詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンのご案内

不動産担保ローンを提供している金融機関

不動産担保ローンを提供している金融機関は、主に銀行とノンバンクのどちらかになります。それぞれ、どのような違いがあるのか紹介していきましょう。

・銀行

都市銀行や信用金庫などの金融機関が行っている不動産担保ローンは、比較的金利が低めに設定されているのが特徴です。不動産担保は融資額が高額になりやすいことや長期的な返済を基本としていることから、低金利で借入することができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

ただデメリットとしては、審査条件が比較的厳しいということや融資までにかかる審査時間が長いという点です。

他にも資金使途に制限があるケースや保証会社との契約が必要になるため、手間が発生することや使い勝手が悪いのも難点と言えるでしょう。

・ノンバンク

ノンバンクは銀行とは異なる預金や送金などの業務を行わない、融資専門の金融機関になります。銀行系列の会社と独立系の会社が提供するものなど、色々な形態に分かれているので、どのような特徴を持っているのか事前に把握してから契約することが大切です。

まず銀行系列ノンバンクは銀行が経営母体にある金融機関で、銀行系であることから安心して融資を受けることができます。その分、審査が厳しい特徴を持っているので状況によっては、融資してもらえない可能性もあるので注意しましょう。

また審査に時間がかかることや条件が厳しいなどの面もあるので、銀行の不動産担保ローンのような特徴を持っています。

独立系ノンバンクの場合は、銀行とは関係なく独自の審査や基準を持っている金融機関となっているため、比較的高額な借入を実現することが可能です。他にも融資までの審査時間が短いなど、融通を利かせてくれる面もあるので急いで融資して欲しい方には助かる性質を持っています。

不動産担保ローンそれぞれの比較

主に銀行系と独立系に分かれている不動産担保ローンですが、安心感を求めるのであれば銀行系がおすすめです。多少の融通が利かないのが難点になります。

資金使途も限定的な融資とされることが多いので、有効的に様々な資金調達として不動産担保ローンを検討している方には向かない融資の方法と言えるでしょう。

独立系の不動産担保ローンの場合は、管理している会社にもよりますが、独自の審査基準を設けているため、審査時間が短く融資額も大きい傾向にあります。

ただ運営する上での安心感や安定感は銀行の方があるので、少しでも不安に感じるのであれば、銀行系を選択する方がいいでしょう。

どちらもメリットやデメリットがあるので、自分が求めている融資の内容を把握して、理想的な借入が実現できる金融機関を選択する必要があります。

不動産担保ローンを提供する金融機関の特徴を理解する

不動産担保ローンは、不動産を担保にして融資を受けることができるのは、どの金融機関でも同じです。しかし融資条件や審査の時間などには、それぞれ特徴があるため、事前に口コミや評価を確認してから金融機関を選ぶことが大切になります。

銀行系は安定感があるものの、融資についての融通が利かないのが難点です。独立系は融資に対しての融通が利く分、安心感は銀行系の方があると言えます。

それぞれのメリットやデメリットを把握して、不動産担保ローンを契約する際の参考にしてみてください。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査