お役立ち情報

不動産担保ローン|住宅ローン返済中でも借りられるのか


住宅ローンを返済中の方の中には「この状況でも不動産担保ローンを借りたい」と考えている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、一般的なローンであれば、住宅ローンの返済中にお金を借りることは難しいものです。
そこで、今回は住宅ローン返済中であっても、不動産担保ローンを借りられるのか解説します。

以降では不動産担保ローンの一般的なご説明をしています。

アビックの不動産担保ローンについての詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンのご案内

住宅ローン返済中に不動産担保ローンを借りられるケース

まずは、住宅ローン返済中に不動産担保ローンを借りられるのは、どのようなケースなのか、詳しく解説します。

ローンの元本の返済が半分以上進んでいる場合

住宅ローン返済中でありながら、不動産担保ローンを借りられるケースとして挙げられるのが「ローンの元本の返済が半分以上進んでいる場合」です。
ローンの残額が少ないほど、不動産担保ローンを借りられるチャンスが増えます。なぜなら、ローン残高が多いと、仮に差し押さえて売却したとしても、ローン分を差し引く必要があり、手元に残るお金が少なくなってしまうからです。


不動産担保ローンを検討しているのであれば、住宅ローンの残高を2分の1以下にすることをおすすめします。

個々の状況によって大きく異なる

実は、住宅ローンの返済中に不動産担保ローンを借りられるケースは、個々の状況によって大きく異なるのが現状です。
そのため、仮にローンの残額が残りわずかであっても、不動産の価値などによっては不動産担保ローンを借りられない可能性があります。


逆に、ローンの残高が多くても、不動産担保ローンを借りられることがありますので、まずは金融会社に相談してみましょう。

住宅ローン返済中に不動産担保ローンを借りられないケース

住宅ローン返済中に不動産担保ローンが借りられないケースは、次の通りです。

 

住宅ローンが「根抵当権」の場合

住宅ローンの抵当権が「根抵当権」の場合は、不動産担保ローンを断られることがほとんどです。
一定の金額までは何度でも借りられるため便利な仕組みではありますが、一方で「追加で借りる可能性がある」ということから、住宅ローン残額が曖昧になってしまいます。
そのため、根抵当権では不動産担保ローンを借りられないのです。

担保価値が低い場合

不動産担保ローンに提供しようと検討している建物の担保価値が低い場合は、融資が受けられない可能性が高いです。
例えば「違法建築」「土壌汚染」「物件周辺で深刻な事件・事故があった」などの場合は、担保価値が下がる傾向にあります。


特に「購入時は発覚しなかったものの、後になってから分かった」という場合は、購入時よりも不動産価値が下がっているため注意が必要です。

信用力が低い

契約者の信用力が低い場合は、不動産担保ローンを借りられません。
「過去に返済事故があった」「収入が不安定」などの場合、返済できる見込みがないと判断されるため、不動産担保ローンの利用を断られてしまうのです。


とはいえ、借入金額によっては信用力が低くても不動産担保ローンが利用できる可能性がありますので、一度金融会社に問い合わせてみることをおすすめします。

住宅ローン返済中でも不動産担保ローンは借りられる場合がある

住宅ローンを返済中の方であれば、「こんな状況でも不動産担保ローンは借りられるのだろうか?」と疑問を抱くのは当然といえます。
結論としては「借りられるケース」「借りられないケース」が存在するうえに、個々の状況・事情によって大きく異なります。


まずは、不動産担保ローンを取り扱う金融会社に相談し、融資の可否を確認することが大切です。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査