お役立ち情報

不動産担保ローン|債務整理中でもローンを借りられる?

債務整理中でも不動産担保ローンを利用できるのか気になる…といった方は意外にも少なくありません。
そもそも、債務整理中の方の多くは金銭的に不安があるケースがほとんど。不動産を担保にできるローンの利用を検討する方が多いのです。
とはいえ、債務整理中でも不動産担保ローンを利用できるか不安を感じてしまうでしょう。
そこで、不動産担保ローンは債務整理中でも利用できるのか、詳しく解説します。

不動産担保ローンは債務整理中でも利用できる場合がある

不動産担保ローンは、仮に債務整理中であっても利用できる場合があります。
そもそも不動産担保ローンは無条件で融資を受けられるものではなく、不動産を担保として融資を受けることができます。
担保とする不動産の価値が高かったり、住宅ローンがすでに支払い済みであったりする場合は、不動産担保ローンの審査を通過しやすく、利用できる可能性が高いのです。
とはいえ、必ずしも債務整理中の方全員が不動産担保ローンを利用できるとは限りません。例えば「担保とする不動産に価値がない」「契約者の信用性に不安がある」などと審査の際に判断されたら、不動産担保ローンを利用できる可能性は低くなってしまいます。
あくまでも「債務整理中であっても利用できる可能性がある」という意味で、理解しておくことが大切です。

債務整理中に「融資」を受ける注意点

債務整理中に不動産担保ローンをはじめとした「融資」を受けるにあたり、いくつか注意点があります。
具体的に、どのような注意点があるのかを見ていきましょう。

弁護士との契約違反に注意

債務整理中に融資を受けるにあたり、まず注意しなければならないのが「弁護士との契約違反」です。
債務整理の手続きを行う際、弁護士と契約書を交わします。この契約書の内容には、「追加融資は禁止」としているケースもあります。
万が一、契約違反を行ってしまったら、追加融資のお金で本来の借金を全額返済するよう促されるかもしれません。
追加で融資を受ける際には、必ず弁護士と交わした契約内容を確認しましょう。また、必要に応じて弁護士に「追加融資をしたい」といった要旨を相談し、適切な指示を仰ぐことをおすすめします。

他の借入先に追加融資がバレるリスクがある

債務整理中に追加で融資を受けると、他の借入先に追加融資がバレるリスクがあります。
万が一、債務整理中の借入先に追加融資を受けたことがばれたら、追加融資分で借金を補填するよう金銭を請求されるかもしれません。
とくに、借入先との和解が成立していない段階では、追加融資はトラブルの原因となってしまうため注意が必要です。
可能であれば、弁護士に相談しておくと安心でしょう。

一般的な融資は利息に注意

一般的な金融会社の融資は「利息」に注意してください。
金融会社の融資は、返済能力に問題がない方を対象としていることがほとんど。債務整理中の方への融資はお断りしていることが多いです。
しかし、金融会社の中には債務整理中の方も対象に融資を行っていることもあります。しかし、こうした金融会社は利息が高い場合が多く、結果的に経済的な負担を被ることになってしまうかもしれません。
どうしても融資が必要な場合は、比較的低利息の不動産担保ローンがおすすめです。

不動産担保ローンは「債務整理中」の方にとって安全な融資

不動産担保ローンは「債務整理中」の方にとって、比較的安全な融資です。
債務整理中の方であっても利用できるケースが多いうえに、利息も低いため経済的な負担を軽減することができます。
現在、不動産担保ローンを検討している方は、まず取り扱い会社に相談し、利用可否について確認してみてください。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査