お役立ち情報

不動産担保ローンにおける第二抵当権とは?審査を通すための手段を解説!



不動産担保ローンで融資を受ける際には、不動産に抵当権を設定します。債権者の順番で、抵当権の順位が決められるのですが、複数の金融機関から借り入れる場合には「第二抵当権」の意味を理解しておくことが大切です。

今回は、不動産担保ローンにおける第二抵当権の意味や審査を通すためには、どのようなことが重要なのか、詳しい内容を紹介していきます。

第二抵当権の意味

不動産担保ローンを複数の金融機関から借入している場合、返済が出来なくなってしまった時に、貸付金を回収できるようにしておくことが大切です。その際に知っておきたいのが、抵当権の順位です。

一つの不動産に対して、複数の債権者がいれば、先に抵当権を設定した人が第一抵当権を持ち、次に「第二抵当権」といった具合に順位が付けられていきます。順位が高い方が貸付金を回収できる決まりになっていることから、第一抵当権を持っている方の方が回収できる金額は高いということになるのが特徴です。

例えば、800万円の不動産価値のあるものを担保にしていた場合、第一抵当権が600万円、第二抵当権が300万円と設定されていたとしましょう。

抵当権が実行されて現金として800万円の現金になった時には、第一抵当権が600万円、第二抵当権には200万円しか渡らないことになります。

第一抵当権の権利が大きくなってしまうことから、第二抵当権は損をしてしまう恐れがあるのです。

審査を通すには

第二抵当権は、回収できない可能性があることから、第二抵当権以下の抵当権になることは避ける金融機関も多いのが特徴です。

特に銀行では、貸付の条件を事前に第一抵当権のみと設定している不動産担保ローンも多いので、審査に通らないことがあります。

ただ不動産担保ローンの専門会社では、第二抵当権でも審査に通ることもあるので、専門会社に相談してみると、融資を受けられる可能性も出てくるでしょう。

・事前に融資可能金額を計算しておく

第二抵当権の場合は、債権を設定した金額を全て回収できないことがあります。そのため、事前に第一抵当権の金額がいくらに設定されており、抵当権が実行された時には、どれくらいの損害額になるのか把握しておくことが大切です。

損害額をベースにして、融資可能額が決められるので、事前に把握することができます。

デメリットを知っておこう

複数の金融機関から借入できるのはメリットがありますが、第二抵当権を設定することがデメリットもあります。

第二抵当権は、債権回収のリスクが高まり、リスク回避として貸付金の金利を高く設定する金融機関も多いのです。

他にも、不動産担保ローンで抵当権を複数設定するのは、その分返済額も増えるので、無理のない返済計画を立てた上で融資を受ける必要があります。

また銀行以外でも、第二抵当権は嫌がられる傾向にあるので、審査が厳しくなることもあるでしょう。不動産担保ローンの専門会社では、融資してもらえる可能性もありますが、確実に通るとは限りません。

第二抵当権について理解を深めておく

不動産担保ローンを複数借入することで発生する、第二抵当権は債権回収のリスクが高まるため、金融機関は嫌煙されがちです。

ただ融資を受けることができれば、より多くの資金を調達することができるので、状況によっては利用を検討することも大切になります。

しかし複数の金融機関から借入すれば、返済額が増えるなどのデメリットもあるので、事前に把握しておかないといけません。

第二抵当権の意味やデメリットを理解して、金融機関の審査に通すか判断していきましょう。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査