お役立ち情報

フリーローン(有担保型)とは?特徴と融資の受け方を解説


ローンには様々な種類があり、それぞれ返済や金利を含め設定に違いがあります。
資金が必要な時にローンを利用する場合でも、その種類を理解しておくことが大切です。
特に用途を限定していないフリーローンの有担保型に関しては、無担保型との違いを理解する必要があります。
融資として返済負担が発生するため、どのようなポイントがあるのかを解説していきます。

フリーローンとはなにか

フリーローンとは、その名前の通り目的を定めず借り入れできる金融商品のことです。
特に目的が定められているわけではないので、借りてしまえば自由に使えるだろうと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、そういうわけではありません。

融資を受ける際には、どのような目的で使うかが重要なポイントになります。
目的により、貸す側のリスクに大きな違いが生まれます。

例えば、ローンを組んで家を建てるとします。これは、銀行などから融資を受けて建築する方法です。
この時には、住宅ローンを使うことになります。
見積もりに照らし合わせて融資を受けますが、他のことに使える分までの金額は借りられません。
目的を絞り込むため、必要以上に大きく借りることはできないということです。

融資側からみると、住宅ならば物件を担保にしてもらって何かあった時の対策にすれば、リスクを減らせることは間違いありません。
これを自動車に置き換えたのが、自動車ローンと考えてみるといいでしょう。
事業用ローンの場合は、事業が上手くいかないという可能性があるため、住宅ローンなどより高いリスクがあるとして金利が高く設定されます。
つまり、目的によってリスクを見極めています。

フリーローンを組む際、理由は確認しますが、目的を定めておらず、様々な目的に利用できます。そうなると、返済のリスクが高くなると考えます。これがフリーローンの特徴です。

金利を見ると、カードローンよりは低い設定ですが、目的がはっきりしたものよりも高くなります。
返済期間も住宅ローンほど長くできません。
その代わりに自由に使えます。
ただし、カードローンのように自由に借りたり返済したりはできず、借り入れ後は返済のみです。

有担保ローンと無担保ローンの違い

フリーローンには、有担保と無担保のローンがあります。
担保とは、もしも返済できないような状況に陥った時、手放して返済に充てるためのものをいいます。
土地や不動産を担保にしているなら、かなり大きな価値があると推察できるはずです。
その分だけリスクを軽減できるため、大きな融資の契約も結べる可能性が出てきます。

担保にもいろいろな種類があります。
自動車ローンでは、所有者を見るとローンを組んだ相手の名義になっているのが分かるでしょう。
これは自動車自体を担保としているからです。
他にも金額的に価値があるものや、美術品といった場合もあります。
実際に換金できて融資額が充当できるものであれば、担保になる可能性がありますが、一般的には土地や建物が多いです。
「有担保ローンとは?特徴やメリット・デメリットを解説」の記事はこちら

無担保ローンでは、返済してもらえないかもしれないリスクがそのまま残ります。
危険な融資とも考えられるため、申し込みした本人の信用調査で判断するしかありません。
リスクが高いため、大きな金額の設定もできなくなります。
特にフリーローンでは、何に使うか目的がはっきりとしていません。
リスクが高いことに使う可能性もあり、返済が滞るかもしれないため、金利の設定も高くなるのが基本です。
融資の審査段階で落ちやすくなる可能性も考慮しなければいけません。
無担保と有担保ローンでは、これほど大きな差がつきます。
「無担保ローンとは?特徴やメリット・デメリットを解説」の記事はこちら

有担保であることのデメリット

フリーローンでも、有担保であることがデメリットになる場合があります。
有担保の場合には、担保の価値がどこまであるか判断する必要が出てきます。
土地や建物でも、価値の調査が必要なため、時間がかかります。融資を受けるまでの時間は、有担保のほうが長いのがデメリットです。

フリーローンは審査が厳しいのか

他の融資方法と比較した場合、フリーローンの審査が厳しいと言われる場合があります。
しかし、この表現が間違っているのを忘れてはいけません。基本的に、融資の審査が甘いことはないからです。

お金を貸す以上、融資する側はリスクを計算します。
つまり、貸すこと自体が貸し倒れのリスクがあるため、審査の甘いフリーローンは存在しません。もちろん、その評価は貸す側によって違いがあります。
それでも、リスクがなくなるわけではないため、必ずしっかりとした審査を行います。

金融機関も事故を恐れます。資金を回収できなければ、商売にならなくなるからです。
その中で、どのような条件をそろえたら融資を受けやすくなるのかがポイントになるでしょう。

フリーローンで融資を受けやすくするポイント

フリーローンで融資を受ける際には、いくつかのポイントが重要になってきます。
大事なことは、融資する側がリスクをどう捉えるかです。

フリーローンでも、必ず理由を聞かれます。何に使うのか、その理由は大事な焦点になるからです。

フリーローンの特徴である、一括融資が重要になります。
カードローンのようにいくらまで貸してくれるか枠を設定するわけではありません。
1回の融資金額を決めるのであり、枠内で借りたり返したりできません。

つまり、繰り返し資金が必要になる使い方をすると思えば、融資する側は必ず警戒します。
何に使うのかはっきりしない場合も警戒度を高めると思っていいでしょう。
生活費の足しにしたい場合よりも、高額な時計を購入したいという場合の方が、フリーローンの性格に合っています。
もちろん、単なる浪費とみられるのなら、融資しない可能性は出てきます。

返済の方向性も大切です。
フリーローンという名前ですが、借金に変わりはありません。
どのような返済計画を立てているか、どれが現実に可能かどうかを判断します。
担保を住宅とする住宅ローンでも、返済比率は30%が基準です。
「年間返済額÷年収」で計算できますが、35%までとしている金融機関が多くを占めます。
つまり、フリーローンであれば、有担保型でもリスクが高くなるため、返済比率をもう少し下で見積もらなければいけません。
返済比率は、このフリーローンだけではなく、借り入れしている金額すべてである点にも注意が必要です。
繰り返し借入する必要がないと判断できる計画でなければ難しくなるため、十分に検討しなければいけないポイントになるでしょう。

フリーローンの審査基準

有担保のフリーローンの場合でも、必ず審査を受けなければいけません。
審査基準は3つのポイントに分けられます。

属性

どんなところに勤めているか、その年数や年収が属性です。
年収は高いほうが評価が高いのは理解できるでしょう。
問題となるのは継続年数です。
一般的に短いと辞めてしまい収入がなくなる可能性が出てきます。
その分リスクがあると判断されます。勤務形態も重要で、フリーターよりもサラリーマンの方が安定性は高いと判断されます。

借入金額

借金の総額ですが、多重債務になっていれば、リスクが高いのは簡単に理解できるでしょう。
そうなれば融資は慎重になるのが当然です。

信用情報

信用情報機関には、様々な個人情報が記載されています。
過去5年にわたって金融事故などを起こせば、チェックされるでしょう。
借り入れ履歴や融資の申し込み履歴なども記載されています。

まとめ


フリーローンでも有担保型は担保を設定しているため、無担保型より大きな融資の契約を結べる可能性があります。
しかし、返済が滞れば担保は失われることを忘れてはいけません。
使い道が限定されないからこそ、返済計画をしっかりとつくることが大切です。

【関連記事】
不動産担保ローンの使い道は?何に利用できるか紹介!