お役立ち情報

事業者ローン・ビジネスローンの特徴やメリット・デメリットを解説


事業を行なっている人が資金調達を行う場合、事業者ローンやビジネスローンを利用して資金調達を行うのが一般的です。
事業者ローンやビジネスローンにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
当記事では事業者ローン・ビジネスローンについて解説します。

1.事業者ローン・ビジネスローンとは

事業者ローン・ビジネスローンとは銀行や政府系の金融機関ではなく、事業を行うための融資に特化したローンです。事業者ローン・ビジネスローンでは開業資金や運転資金を確保するために融資をしてくれます。主に個人事業主や中小企業の代表者が利用します。

2.事業者ローン・ビジネスローンのメリット

事業者ローン・ビジネスローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

(1)すぐにお金を借りられる

すぐにお金を借りられる点は一つのメリットです。ビジネスではスピードが大切です。
運転資金を確保することができなければ最悪の場合、倒産してしまう可能性もあります。
銀行や政府系の金融機関よりも審査のスピードが早いという点はすぐに借りたい人にとって大きなメリットと言えるでしょう。

(2)無担保・無保証人で借りることができる

事業者ローンは無担保無保証人で借りることができる点もメリットの一つです。
住宅ローンなど金融機関が融資をする際は自宅不動産を担保に取るのが一般的です。
保証人も融資を受けた人が返せなくなったときに代わりに返してもらう人を決めておくために設定します。
担保や保証人をとることで金融機関としては返済してもらえないリスクを抑えることが可能です。しかし、担保や保証人を設定することが難しい人もいるでしょう。
事業者ローン・ビジネスローンは無担保・無保証でも事業内容を基に審査を行うため、融資を受けることが可能です。

(3)資金使途が限定されない

事業者ローン・ビジネスローンは資金使途が限定されないローンです。
通常金融機関の融資は資金使途が限定されることが多くあります。事業者ローン・ビジネスローンでは開業資金や設備の購入費、事業の運転資金などさまざまなことに使うことができます。
資金使途が限定されないため、資金繰りに困ったときにあらゆる用途で利用することが可能です。

(4)総量規制の対象外となる

総量規制とは貸金業者からお金を借りる際の総額を制限している法律です。
総量規制によって本人の年収の1/3までしか借りることができません。
この法律はカードローンなどによって多重債務者となり返済が困難になることを防ぐために決められた法律です。
事業者ローン・ビジネスローンは総量規制の対象外となりますので、年収の1/3を超える金額を借りることができる可能性があります。総量規制で借りられる金額を超えていても事業で必要な資金が借りられる点は大きなメリットといえるでしょう。

3.事業者ローン・ビジネスローンのデメリット

メリットも多い事業者ローン・ビジネスローンですが、注意しておくべきデメリットもあります。事業者ローン・ビジネスローンのデメリットを確認してみましょう。

(1)金利が高い

事業者ローン・ビジネスローンでは審査が早く、無担保・無保証人で融資をします。
これは銀行や政府系金融機関は行っていないことです。
銀行や政府系金融機関が行わない理由は返済が滞るリスクが高いからです。
事業者ローン・ビジネスローンではリスクをとって融資を行うため、その分金利は高めに設定されています。事業者ローン・ビジネスローンでは無担保・無保証人で借りることができ、審査が緩い分、銀行融資よりも金利が高いということは覚えておきましょう。

(2)銀行融資の審査に悪影響がある

事業者ローン・ビジネスローンでは銀行の融資に比べて比較的簡単な審査でお金を借りることができます。しかし、銀行などの金融機関でお金を借りる際に事業者ローン・ビジネスローンでの借り入れがあることで悪影響を及ぼす場合があります。
銀行の審査では貸したお金が返ってくるかどうかという観点で審査を行います。
審査の過程では担保とする不動産の評価や年収など様々な観点で行いますが、他に借り入れがあるかという点は重要な審査の要素の一つです。
借り入れ額が大きければ大きいほど審査には悪影響を及ぼしますので認識したうえで事業者ローン・ビジネスローンを申し込むようにしましょう。
銀行融資の方が審査は厳しいものの事業者ローン・ビジネスローンよりも金利は低くなりますので、借りられるのであれば銀行融資から検討するのがよいでしょう。

4.事業者ローン・ビジネスローンの審査のポイント

事業者ローン・ビジネスローンではどのような観点で審査が行われるのでしょうか、審査のポイントについて解説します。

(1)過去の返済履歴

まず、重要となるのが借入を行う企業や個人が過去に返済事故を起こしていないかという点です。クレジットカードの利用や金融機関での借入を行い、返済が滞ってしまった場合、信用情報機関に登録されてしまいます。
事業者ローン・ビジネスローンの審査を行う際には信用情報機関に照会を行いますので返済事故を起こした方はかなり不利になります。過去に返済事故を起こしたことがないことは今までしっかりと返済できているということになりますので、審査では有利に働きます。

(2)事業が赤字になっていないか

事業者ローン・ビジネスローンでは担保や保証人無しでお金を借りられます。返済原資となるのは事業でお金を稼ぐしかありません。
しかし、肝心の事業が赤字になっている場合はなかなか審査を通ることは難しくなるでしょう。
また、事業の将来性や継続性も大切です。直近の収支が黒字になっていても将来的に事業が厳しくなることが予想される場合や黒字を継続することが難しい場合は融資の審査が厳しくなります。

(3)税金を滞納していないか

納税は国民の義務となっていますので、納税ができていないということは資金繰りがかなり厳しいと思われるため、審査を行う上でマイナス査定となります。すぐに払えるのであれば納税を行ってから審査の申し込みをした方がよいでしょう。

(4)書類を不備なく提出できるか

事業者ローン・ビジネスローンを申し込む場合はさまざまな書類を提出する必要があります。
具体的にはローンの申込書や収支の計画書、決算書などです。これらの書類を基に審査を行いますが不備があった場合、審査を通過することは難しくなるでしょう。
審査に提出する書類は不備がないか、慎重に確認してから提出する必要があります。

5.まとめ

事業者ローン・ビジネスローンは審査のスピードが早く無担保・無保証人でお金を借りることか可能です。
資金使途も自由ですので、開業資金や事業の運転資金に困っている人にとって強い味方となるでしょう。
しかし、事業者ローン・ビジネスローンは金利が高い点などデメリットもあります。デメリットも理解したうえで利用を検討しましょう。

事業者ローン・ビジネスローンのサービス詳細ページはこちら

 

関連記事
ローン審査とは?住宅ローン、自動車ローンなど審査に必要なものと基準を解説
不動産担保ローンとビジネスローンは何が違う?メリットやデメリットも解説!