お役立ち情報

不動産担保ローンの条件は?借入するために知っておくべき内容



不動産担保ローンは、一般的なローン同様にいくつか条件が設けられています。
あらかじめ理解したうえで、申し込みを行わないと「審査で通過できない」「そもそも対象外」といった事態に陥ってしまうかもしれません。
そこで、今回は不動産ローンにおける条件について、詳しく解説します。

不動産担保ローンの借入条件は?

さっそく、不動産担保ローンの借入条件について解説します。
具体的にどのような条件が設定されているのか、詳しく見ていきましょう。

不動産に担保としての価値がある

不動産担保ローンを利用するにあたり、まず条件となるのが「不動産の担保としての価値」です。
不動産を担保として提供する場合、そもそも不動産の価値がないと、担保としては成り立ちません。例えば「条件が悪い不動産」「高額の住宅ローンが残った不動産」などは、担保として認められにくい不動産なのです。
まずは、担保としての提供を検討している不動産の情報を改めて確認し、担保として活用できるかを調べておきましょう。

契約者の返済能力に問題がない

不動産担保ローンの借入条件の一つが、「契約者の返済能力」です。
不動産担保ローンは、担保として不動産を提供しますが、契約者本人の返済能力も審査されます。とはいえ、一般的な融資とは異なり厳しい審査を設けているケースは少ないです。
基本的には「過去の返済滞納歴」が重視されるため、今までに返済の滞納がなければほとんど問題ありません。
実際、無職であっても不動産担保ローンを利用できる場合があるため、まずは「過去の滞納歴」を見直してみてください。

使用用途は原則自由

不動産担保ローンで借り入れたお金は、基本的にどのように使っても問題はありません。
不動産担保ローンを提供している金融会社の多くは「使用用途は原則自由」としていますので、必ずしも事業資金や生活資金に充てる必要はないのです。
ただし、金融会社によっては、「個人としての使用のみ」「事業資金としての融資は不可」といった条件を設けていることもありますので、不動産担保ローンを利用する前に、使用用途の上限を確認しておきましょう。

不動産担保ローンは条件が緩い

不動産担保ローンは一般的なローンと比較すると、あまり厳しい条件が設けられていません。そもそも審査もそこまで厳しくなく、通過しやすいといったメリットがあります。
そのうえ、低金利で長期間の借入が可能であることから、近年不動産担保ローンの利用を検討している方が増えているほどです。
しかし、万が一ローンの返済ができなくなった場合、担保として提供していた不動産を失うこととなります。
利用しやすい一方で、不動産を失うという大きなリスクもあるため、不動産担保ローンの利用は慎重に検討してください。

不動産担保ローンは条件を理解してから利用を

不動産担保ローンは条件を理解してから利用することが大切です。
とはいえ、今回ご紹介した通り、細かく厳しい条件が設けられているわけではありません。大まかには「過去の滞納歴」「不動産の価値」の条件が満たせれば、利用できることがほとんどです。
まずは、信頼できる不動産担保ローン会社に相談してみてください。そのうえで、「無理の無い返済期間」「無理の無い借入額」について計画し、ご自身に合った利用方法で不動産担保ローンを取り入れましょう。
現在、不動産担保ローンの利用を検討している方は、本ページを参考にしながら適切に計画を立ててみてください。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査