お役立ち情報

銀行融資と不動産担保ローンの違い

資金調達の観点から、同じように考えられることが多い銀行融資と不動産担保ローンの違いとは、どのようなことが言えるのでしょうか。それぞれ特徴やメリットが異なるので、事前に確認しておくことが大切です。

今回は銀行融資と不動産担保ローンの違いについて、それぞれの特徴など詳しい内容を紹介していくので参考にしてみてください。

銀行融資の特徴やメリット

・銀行融資の特徴

銀行融資は、各自治体の信用保証制度により、信用保証協会が公的な保証人になることからほとんどが無担保で融資を受けることができるのが特徴です。日本政策金融公庫でも、同様に無担保で融資を受けることができます。

融資が可能かどうかは個人事業主や法人の事業実績に基づいて判断されることが多く、審査には決算書や確定申告書の提出が求められることがあるのです。

また融資を受ける際には、資金使途が限定されていることがほとんどであるため、一般的な資金使途としては運転資金や設備投資などに活用されます。

資金使途が設備投資である場合は、見積書の提出や領収書の提出が求められることもあるので、資料や証明書は保存しておくことが大切です。

・銀行融資のメリット

銀行融資のメリットとしては、本人確認書類や収入を証明する書類などの必要書類を準備しておけば、即日融資してもらうことができる可能性が高いという点です。

信用できる相手であることがわかれば、後は返済能力の有無を確認されるだけなので、審査が通りやすいのが銀行融資のメリットになります。

また基本的に無担保で借り入れすることができるので、不動産などの資産を持っていなくても融資を受けることが可能です。

不動産担保ローンの特徴とメリット

・不動産担保ローンの特徴

資金使途が限定的な銀行融資と比較して、不動産担保ローンは資金使途が原則として自由なのが特徴です。税金未納分の支払いにも利用することができるので、資金調達に困った時には助かる融資の種類と言えるでしょう。

融資の特徴としては、自身・家族・法人が保有している土地や建物などを担保にして価値に合わせて融資を受けることができるというローンになっています。

審査のためには、不動産の価値を証明する書類などが必要になることから、審査に時間がかかるケースもあるので注意しましょう。

・不動産担保ローンのメリット

ただ他のローン商品よりも、低金利で高額融資を受けることができるので、開業資金など多くの費用が必要な時に便利なローン商品となっています。

銀行融資と不動産担保ローンの比較

銀行融資と不動産担保ローンは、審査の後に融資を受けることができるという点は一緒ですが、特徴が異なります。

まず融資を受ける条件として、不動産担保ローンは不動産を担保にするのに比べて銀行融資は、基本的に無担保で融資を受けることが可能です。

しかし担保がある分、不動産担保ローンの方が信用性があるとみなされ、高額融資で借り入れすることができます。

他にも不動産担保ローンの方は資金使途が自由なのに対して、銀行融資は資金使途が限定的なローン商品となっているので、事前に把握しておくことが大切です。

それぞれ特徴やメリットが異なるので、どちらの方が自分が求めている融資を受けることができるのか、検討してから利用するようにしましょう。

銀行融資と不動産担保ローンの違いを把握して申請する

銀行融資と不動産担保ローンは、それぞれ特徴やメリットが異なるため、事前に把握した上で申請を行う必要があります。

必要書類も異なるため、事前にどちらのローンを契約するのか検討してから書類を準備するようにしましょう。

必要書類は事前に準備しておいた方が速やかに審査に移行するので、契約するローンを決めてから計画的に進めていくことをおすすめします。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査