お役立ち情報

不動産担保ローンの利用について|ローンの残債があっても借りられるのか


不動産担保ローンを利用するにあたり、ローンの残債があっても借りられるのかといった疑問は多いものです。
不動産担保ローンの利用を検討している方であれば、ローンの残債がある自分でも融資を受けられるのか気になるところでしょう。
そこで、今回はローンの残債があっても不動産担保ローンを借りられるのか、詳しく解説します。

以降では不動産担保ローンの一般的なご説明をしています。

アビックの不動産担保ローンについての詳細は下記ボタンからご覧ください。

アビックの不動産担保ローンのご案内

不動産担保ローンはローンの残債があっても借りられる?

不動産担保ローンは、ローンの残債があっても借りることができるのでしょうか。
さっそく、利用の可否について見ていきましょう。

ケースバイケースであることがほとんど

不動産担保ローンはローンの残債があっても借りられるかについて、結論からいいますとケースバイケースであることがほとんどです。
例えば、残債額や他ローンの契約内容、担保とする建物の価値など、あらゆる事情によって利用可否が大きく異なります。


また、契約者本人の信用力も、不動産担保ローンの利用可否に大きく関わるため、「収入の有無(安定性)」「過去の返済事故歴」などが加味されるのです。

残債額が高いほど利用が難しくなる

前項では、ローンの残債がある状況で不動産担保ローンが利用できるかは「ケースバイケース」であることについて触れましたが、残債額が高いほど融資を受けることが難しくなります。
なぜなら、残債額が高い場合、不動産担保ローンの融資の返済が難しくなることが考えられるからです。


また、他ローンの残債額が高い場合や、複数のローンを利用している場合、すべてをひっくるめた「おまとめ系の不動産担保ローン」「乗り換え系の不動産担保ローン」の利用を進められることがあります。
いずれにせよ、残債額が高いと希望する不動産担保ローンを利用できない可能性がありますので注意してください。

不動産担保ローンの申し込みでローンの残債をごまかすことは可能?

他ローンの残債がある方の中には、「ローンの残債をごまかすことはできないだろうか」と考える方もいらっしゃるでしょう。
なるべくローンの残債を低く申告したい…という本音があるかと思いますが、実際に残債額をごまかすことは可能なのでしょうか。

残高証明・割賦表が必要となるためごまかせない

ローンの残債額をごまかすことは、「できない」が結論です。
不動産担保ローンを利用する際には「残高証明書」「返済割賦表」が必須となります。
残高証明書や返済割賦表は、金融機関が作成する重要書類の一つであり、残債の有無を証明する書類です。


不動産担保ローンの審査では、この「残高証明書」「返済割賦表」が必須となるため、残債額をごまかすことはできません。

虚偽の申告は法律に触れることも

不動産担保ローンを利用する際に、「ローンの残債をごまかす」「ローンの利用を隠す」など、虚偽の申告をすると、法律に触れることがありますので注意してください。
少しでも有利になりたい、と考える方は多いものですが、結果的に信用を大きく落とすこととなり、不動産担保ローンを利用できなくなってしまいます。


ローンの残債に不安を感じていても、必ず正直に申告することが大切です。

不動産担保ローンはローンの残債があっても利用できることがある

今回は「不動産担保ローンは、ローンの残債があっても利用できるか?」について解説しました。
ご紹介した通り、「ケースバイケース」であるのが現状ですが、利用できる可能性は十分にあります。


まずは、金融会社に相談し、不動産担保ローンが利用できそうかを確認してみましょう。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査