お役立ち情報

不動産担保ローンと住宅ローンの違いについて詳しくご紹介

不動産担保ローンと住宅ローンの明確な違いについてご存じですか?
それぞれの違いを正しく理解しておかないと、融資が受けられなかったり、融資の使い方に問題が生じてしまうなどして、資金計画が狂ってしまう可能性があります。
そこで、今回は不動産担保ローンと住宅ローンの違いについて詳しく解説します。

 

不動産担保ローンと住宅ローンの違い

さっそく不動産担保ローンと住宅ローンには、どのような違いがあるのかをご紹介します。
自分の希望に合っているローンを利用するためにも、それぞれの違いについて把握しておきましょう。

 

金利

不動産担保ローンと住宅ローンの違いとして、まず挙げられるのが「金利」です。
不動産担保ローンの場合は金利が「固定金利」であり、年率4~15%程度が一般的となっています。一方、住宅ローンの金利は「固定金地」「変動金利」の2種類があり、年率は0.6~4.0%が一般的です。
金利だけで見ると、住宅ローンのほうが年率は低いといえます。

 

資金の使用目的

不動産担保ローンと住宅ローンは、資金の使用目的が大きく異なります。
例えば、不動産担保ローンであれば、資金の使用目的に制限はありません。しかし、住宅ローンは「住宅の購入資金」として使用することが定められています。


ちなみに、住宅ローンはリフォーム費用に充てることも可能です。
いずれにせよ、不動産担保ローンは「資金を何に使用しても良い」、住宅ローンは「住宅の購入かリフォームにしか資金を使用できない」と判断します。

 

生命保険の加入義務

不動産担保ローンと住宅ローンとでは、生命保険の加入義務に大きな違いがあります。
例えば、不動産担保ローンの場合は生命保険の加入義務がないのに対し、住宅ローンは生命保険への加入が義務付けられています。


そのうえ、住宅ローン会社によっては「指定の生命保険」に制限されていることもあり、自分で生命保険の加入先を選べないこともあるのです。
不動産担保ローンと住宅ローンでは、生命保険の加入義務に違いがありますので、必ず覚えておきましょう。

 

返済期間

不動産担保ローンと住宅ローンとでは、返済期間に大きな違いがあります。
不動産担保ローンの返済期間は5~10年が一般的ですが、住宅ローンの返済期間は最長で35年と長く設定されています。
返済期間だけを見ると、住宅ローンのほうが余裕があり、返済計画を立てやすいといえるでしょう。

 

不動産担保ローンと住宅ローンはどちらが適している?

不動産担保ローンと住宅ローンででは、どちらを選べば良いのかを迷う方が少なくありません。
基本的には、「住宅の購入を目的としているか」を軸に考えることが大切です。

もし、住宅購入のためにローンを利用したいのであれば、金利が低く、返済期間も長い住宅ローンがおすすめできるといえます。
逆に、住宅購入以外の目的でローンを利用するのであれば、不動産担保ローンが適しているといえるでしょう。

 

 

不動産担保ローン・住宅ローンは正しい理解を

今回は不動産担保ローンと住宅ローンの明確な違いについて詳しくご紹介しました。
ローンを検討している方にとって、自分には不動産担保ローンと住宅ローンのどちらが適しているのかは悩んでしまうポイントです。


しかし、判断方法は非常にシンプルで「住宅を購入するか、否か」で自分に合ったローンを選ぶことができます。
現在、不動産担保ローンと住宅ローンで迷っている方は、本ページでご紹介した内容を参考にしながら、融資を検討してみてください。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査