お役立ち情報

不動産担保ローンのよくある相談|融資で失敗しないためにも要チェック

300万円以上の高額な融資を検討している方の中には「不動産担保ローン」を検討しているという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、初めて不動産担保ローンを利用する方の場合、利用するにあたり疑問や不安を抱えているのが正直なところではないでしょうか。
そこで、今回は不動産担保ローンでよくある相談についてご紹介します。

 

不動産担保ローンのよくある相談一覧

さっそく、不動産担保ローンのよくある相談についてご紹介します。
現在、不動産担保ローンの利用について、不安や疑問を抱えている方は以下からの内容を参考にしてみてください。

 

不動産担保ローンにおける借り入れ上限金額は?

不動産担保ローンにおける借り入れの上限金額は、利用する金融機関によって異なるのが現状です。


例えば、Aの金融機関では1億円が上限金額であるのに対し、Bの金融機関は10億円が上限金額として設定されることがあります。
また、仮に上限金額が1億円であっても、融資の利用者の「信用問題」「不動産の価値」などによっては1億円いっぱいを借り入れることができない場合があります。
いずれにせよ、まずは金融機関ごとに設定されている上限金額には、違いがあるということを頭に入れておく必要があります。

 

「ブラックリスト」かもしれないのですが…

何らかの返済の滞納や、自己破産の経験があり、いわゆる「ブラックリスト」に掲載されてしまっている場合は、金融機関から不動産担保ローンを断られることが考えられます。
ブラックリストに掲載されてしまうと「支払い能力が低い」と判断できるため、金融機関は不動産担保ローンとして融資することにリスクを感じてしまうのです。


とはいえ、必ずしもすべての金融機関がブラックリストに記載がある方を断る、というわけではありませんので、いくつか金融機関を回って相談してみると良いでしょう。

 

夫婦の共有名義の不動産は担保にできる?

夫婦の共有名義の不動産は、結論から言うと担保にできるケースが多い傾向にあります。
ただし、共有している名義人全員が「連帯保証人」になることを条件とされることが一般的です。
仮に、夫婦で共有名義の不動産を担保にしたいのであれば、配偶者が連帯保証人になることを了承すれば、担保にできる可能性が高いといえます。

 

他人が所有する不動産を担保にして融資は受けられる?

親族や経営する会社の役員が持つ不動産など、他人が所有する不動産を担保にする場合は、融資を受けることが難しいといえます。
そもそも、不動産担保ローンは本人所有の不動産を担保とすることが前提となっていますので、他人が所有する不動産を担保にして、融資を受けることは現実的ではありません。
ただし、不動産所有者が不動産担保ローンの担保として差し出すことを承諾しているのであれば、担保として認められる可能性があります。
他人所有の不動産は担保にするのは難しいのが現状ですが、一度金融機関に相談してみることをおすすめします。

 

現時点で住宅ローンの残高があるのですが…

現時点で住宅ローンの残高がある場合、不動産担保ローンの利用可否はケースによって異なります。


例えば、担保にしたい不動産を第二抵当権として担保にすれば、不動産担保ローンが利用できる場合があります。
とはいえ、実際の住宅ローン残高や、不動産価値によって融資が受けられない場合もありますので、まずは金融機関への相談をおすすめします。

 

不動産担保ローンのよくある相談を参考にしましょう

不動産担保ローンを検討しているのであれば、まずは「よくある相談」を参考にしながら、自分の抱える疑問や不安を解消してください。
とくに、不動産担保ローンが初めての方は、融資の失敗を防ぐためにも、本ページの内容をよく頭に入れて、計画的に準備を進めていきましょう。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査