インフォメーション

消費税引き上げに、総合的な対策を要望する:不動産協会

不動産協会は11日に第309回理事会を開催し、『平成31年度税制改正要望』について決定しました。
◇消費税引き上げに伴う住宅取得への対応
◇時代を先取りするまちづくりの推進税制
◇豊かな住生活を実現するための税制
◇不動産事業の推進等に不可欠な税制
についての税制改正を要望します。

消費税引き上げに伴う住宅取得への対応
→措置済みの住宅消費税対策について
税制
→・住宅ローン減税の拡充を軸とし住宅取得資金等の贈与特例の拡充等
・すまい給付金のさらなる拡充
・良質な住宅に対するポイント制度等の予算措置も併せて行なう十分かつ総合的な対策
・職住近接ニーズに対応した住宅取得支援税制の床面積の要件等の見直し

同協会理事長の菰田正信氏は、
・今回の要望の一番重要な点はマーケットに対する消費税引き上げのインパクトを緩和すること
・マンション市場は、ストライクゾーンが極めてタイトなところに、価格と購買力がマッチしている状態が続いており消費税引き上げの影響が大きい
・極端な駆け込みや反動が出ない措置をお願いしたい
などと述べました。

  •  

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査