インフォメーション

銀座旗艦店ビル売却を模索

新型コロナウイルス蔓延による営業自粛により、衣料品の販売が低迷していることで、アパレル大手の三陽商会は
中央区銀座にある旗艦店ビルを売却することの検討に入った。

売却を検討するのは旗艦店「ギンザ・タイムレス・エイト」が入居しているビルで地下1階から地上9階に
「ポール・スチュアート」「ブラックレーベル」などの複数のブランドショップがある。

売却金額は約100億円とみられ、複数の不動産会社が興味を示しているようだ。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査