インフォメーション

「不動産株が堅調に推移」

 

 

・2020年の東京オリンピックを前に、不動産株に強気な見方が増えている。

 令和元年12月23日の東証1部の売買代金は1兆5000億円を下回り閉散市場となったが、不動産会社のユニゾーホールディングスの株価は5%高で、ユニゾーホールディングスだけでなく、「不動産」の業種別日経平均株価は23日時点で、令和元年7月末と比較すると16%上昇し、日経平均の11%を上回った。

・オフィスビルの高稼働率が続くなど不動産市況は堅調で、東京オリンピック後に市況が崩れるとの懸念も後退している。

・投資家が不動産株を見る目はこの数ヶ月で様変わりしてきた。

 東京都心のオフィスビルの平均賃料は令和元年11月末まで71ヶ月連続で上昇した。

 都心で2020年に開業する大型ビルの入居もほぼ成約済みで2022年ころまではオフィス賃貸市場は底堅いだろうと見られている。

・2019年前半は不動産株よりREITが買われていたが、REITは賃料収入の大部分を配当に振り向けるため、高配当株の性格が強く、債権や株などからREITに資金を移す動きが活発になった。

 だが米利下げの一服感から日米などの長期金利は上昇傾向に転じ、利回り面でREITの妙味が薄れてきたためREITに振り向けていた資金を不動産株に振り向ける動きが出てきたようだ。

 

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査