インフォメーション

投資用不動産向けの融資のうち、一兆円規模の不適切融資

スルガ銀行は総額1兆7000億円の投資用不動産向けに融資した、全ての融資を対象に不正行為の調査を行なった結果、書類改ざんなどの不正行為や、不適切な行為が疑われる融資が1兆円規模であったことを明らかにした。

このうち5000億円強については、借入者の預金通帳の改ざんといった不正行為が判明した。投資用不動産向け融資の全体の60%に不正行為の疑いがあることになる。

スルガ銀行は2018年10月に金融庁から6ヶ月間の業務停止命令をを受け、問題の発端となったシェアハウス以外も含め、融資の手続きに不正行為がなかったか全ての投資用不動産向けの融資を調べる方針で、外部の弁護士や不正調査を手がけるKPMGFASに調査を委託した。

この結果、借入者の預金通帳や年収を証明する源泉徴収票を改ざんしたり、不動産の契約書を偽造したりする不正行為が発覚、融資額にすると5000億円強見つかった。スルガ銀行はすでにシェアハウス向け融資はほぼ全額貸倒れ引当金や担保で保全し、損失を処理した。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査