インフォメーション

仮想通貨、相対取引でトラブル多発 詐欺や強盗未遂も

個人間で仮想通貨を売買する「相対(あいたい)」取引を巡り、

相手に通貨や現金を持ち逃げされるなどのトラブルが相次いでいる。

交換会社を介さず取引するため、相手の身元を十分に確認するのが難しいためだ。

犯罪収益の洗浄(マネーロンダリング)に悪用される恐れもあり、

国民生活センターは「個人間の直接取引は避けるべきだ」と呼びかけている。

  •  

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査