ご融資の事例集

連棟ビルの購入資金で自己所有名義だけでのご融資事例

土地一筆と隣地の一筆、2筆の上に跨って立てられた共同建築の区分登記されている連棟ビルの売買契約を締結されている法人様で、残金融資について取引先銀行や大手ノンバンクに融資申込みしたが、担保として扱ってもらえず、当社営業社員からの営業電話で、連棟ビルでも借入れできることを知り融資申込みをされる。

残金決済日まで数日しかなく、購入後には隣の区分所有の土地、建物も買える見込がある事、購入後は一括して大手デベロッパーにホテル用地として売却する事業計画もあり、問題ないと判断、1億円の不動産担保ローンの実行。数ヶ月後にデベロッパーに売却して返済となる。

即日回答・最短2日
即日回答・最短2日
  • スピーディーで柔軟な対応を創業以来モットーに歩んでまいりました。
  • 不動産の購入のために、急に資金が必要となった場合、取引先金融機関での融資が間に合わないといったケースは良くあります。 又、取引先からの支払いが遅れ、月末支払いの資金がショートした場合など、アビックでは迅速に対応、最短2日での融資実行も可能です。
  • いざというときのサブバンクとしてご利用ください。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査