用語集 【た行】

【た】

代位弁済(だいいべんさい

融資を行う際に、万が一返済できなくなった場合に備えて、融資を受ける人に対して保証人を立てるよう求めることがある。
保証人は、融資を受けた本人が何らかの理由により返済不能に陥ったとき、債務者に代わって返済を行う。

担保掛目(たんぽかけめ)

融資をする際の、担保物件を評価する”掛け目(比率)”のこと。
不動産や有価証券などを担保として貸付する際の評価率であり、住宅ローンなどの融資額を決める際の、担保の査定価格の目安として算出する。

担保評価(たんぽひょうか)

融資をするときには、万一借主が返済できなくなった際に確実に資金回収ができるよう、不動産を担保として設定するのが一般的である。
担保評価とはそうした融資において、対象となる不動産に担保としての価値があるか評価することをさす。
担保評価によって決められた評価金額のことは、担保評価額と呼び、高く売れる不動産は評価が高く、安くしか売れない不動産は評価が低いということになる。

つなぎ融資(つなぎゆうし)

一時的にある目的の為にお金を借りて資金を確保すること。

抵当権(ていとうけん)

不動産に設定する担保のこと。
抵当権は民法369条に規定されている。
民法369条1項では、抵当権者は「債務者又は第三者が占有を移転しないで債務の担保に供した不動産について、他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利を有する。」とされ、債務者は不動産を自分で利用しながらも担保に入れることができ、債権者は支払いが無い場合にここから回収することができることとなる。
民法369条2項では、抵当権は不動産の所有権だけでなく地上権や小作権にも設定できることを規定している。

登録免許税(とうろくめんきょぜい)

土地や建物に買った人の所有権を登記する際、国に納める税金のこと。
抵当権の場合は税率が一定であっても債権額によって登録免許税の額は変わる。

 

用語集へ戻る

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査