法人様・事業主様向けの不動産担保ローン

法人様・事業主様向け サービスのご案内

アビックの法人様・事業主様向けの不動産担保ローンでは、事業資金・運転資金といった経営に必要な資金をスピーディーに調達可能です。不動産であれば土地や建物(ビル・投資用不動産・マンション・アパート・戸建など)の種類は問いません。

不動産担保ローンの総括

法人様・事業者向け不動産担保ローンについて

  1. 所有している不動産や担保提供によるご融資
  2. 二番・三番抵当、住宅ローンや銀行の抵当権設定後でも融資可能です。
  3. 不動産の種類は問いません。築古の不動産でも融資可能です。
  4. 資金使途や過去の業績は問いません。新設法人でも融資可能です。
  5. 経営の赤字、未払税金や差押があっても融資可能です。
  6. スピード対応での融資が持ち味です。
  7. 融資額は300万円~50億円まで可能です。
  8. 返済方法は借主様が選択できます。
  9. 借入期間が一ヶ月の短期間のご融資も可能です。

1.所有している不動産や担保提供によるご融資

第三者様の担保提供や借主様以外の所有不動産を担保で、銀行や他社ノンバンクに融資相談を行なったが、断わられたことはありませんか。

アビックの法人様・事業者様向け不動産担保ローンでは、ご所有している法人名義の不動産はもとより代表者、ご家族名義、それ以外の方の所有不動産を担保に事業資金・運転資金といった経営に必要な資金をスピーディーに融資いたします。

融資限度額は担保となる不動産の担保評価と返済の能力等によって決まりますが、他のローンと比べると高額の融資が受けられることがアビック不動産担保ローンの特徴です。

無担保ローンと比べ手金利が安いことや、金融機関の住宅ローンのように借入資金の使途に制限が無いメリットがあります。

目次へ戻る

2.二番・三番抵当、住宅ローンや銀行の抵当権設定後でもご融資可能です。

アビックの不動産担保ローンは、抵当権設定の順位が二番・三番での融資も可能です。

住宅ローンや銀行系金融機関の抵当権設定がなされていても、不動産の担保評価や住宅ローンや金融機関の借入金残高により不動産担保融資が可能です。

住宅ローンが未だ残っている、また銀行系金融機関が根抵当権を設定しているから融資が難しいといった理由で、融資を断わられたことはありませんか。

アビックの不動産担保ローンでは、二番抵当権・三番抵当権等でも融資の対象となります。

目次へ戻る

3.不動産の種類は問いません。築古の不動産でも融資可能です。

アビックの不動産担保ローンは、担保となる不動産の種類は問いません。

担保となる不動産については、土地・土地建物・区分所有のマンション・収益不動産や遊休地をはじめ、借地権・底地権・ソシアルビル・レジャーホテル・担保となる不動産に風俗営業店が入居していたり、旧耐震の建物や容積オーバー、再建築不可の不動産等、金融機関が担保として扱うことが難しいあらゆる不動産が対象となります。

借地権とは
借地借家法の概念で建物を建てるために地代を払って他人から土地を借りる権利のことです。借地権には賃借権と地上権の2つがあり、賃借権の場合は、第三者に建物を売却する時は地主の承諾が必要となります。 地上権の場合は自由に売却や転貸することができます。

底地とは
こちらも借地借家法の概念で、地主がその土地を第三者に貸して地代収入を得ている土地のことです。

再建築不可とは
家を新築することができない土地。 更地にしてしまった後は、文字通り再建築ができません。 理由は様々あります。たとえば建築基準法で決められた道路に敷地が2m以上面していなければ、家を建てることができません。

容積率とは
建築基準法で定められた建築物の延面積の敷地面積に対する割合を言います。
容積率=建物各階の合計面積÷敷地面積となります。

目次へ戻る

4.資金使途や、過去の業績は問いません。新設法人でも融資可能です。

アビックの不動産担保ローンは借入金と資金使途についての制限はありません。

法人様・個人事業主様の運転資金・設備資金・新規事業資金や納税資金といったニーズに幅広く活用いただけます。

法人税や固定資産税等の納税資金を銀行から借入れすることは難しいですが、アビックの不動産担保ローンなら融資を受けることが可能です。

会社を設立して1年未満だから、また過去に債務整理やリスケを行なったり、金融機関への借入金の返済が延滞した事が原因で融資を断わられた経験はありませんか。

アビックではこのような法人様や個人事業主様への融資も行なっております。

目次へ戻る

5.経営が赤字、未払税金や差押えがあっても融資可能です。

決算が連続して赤字であったり、法人税等の税金が未払いであっても、アビックの不動産担保ローンをご活用いただけます。

銀行では「決算が黒字になったら融資の相談にのりましょう。」とか「税金の未払いが解消できたら融資の相談にのりましょう。」と言った返事が一般的ですが、経営者様はこのような資金使途のニーズに応えてもらえる金融機関との取引を希望していても、現実は思うようにいかないのが実情です。

アビックでは決算が赤字であったり、税金の未払いがあるといった理由で融資の可否を決める訳ではありません。

法人様・個人事業主様の将来性等、あらゆる面を総合的に判断してサポートします。

不動産を上手に活用することで、お客様の財務改善のお役にたてることを目指しています。

目次へ戻る

6.スピード対応での融資が持ち味です。

アビックの不動産担保ローンは「スピード」をモットーに迅速に対応しております。

取引先からの入金遅れや、倒産等により売掛金の回収が予定とおりにいかなくなったために支払い資金がショート、急に資金が必要になったことはありませんか。

銀行にお願いしても、稟議が間に合わない等といった理由で断わられるだけです。

アビックではお申込みをいただき、最短で翌日の融資実行も可能です。

予期せぬ急な資金繰りの場合には、アビックの不動産担保ローンをご利用ください。

目次へ戻る

7.融資額は300万円~50億円まで可能です。

融資金額の大きさもアビックの不動産担保ローンの特徴ですが、担保不動産の融資枠を上手く活用することで、必要な時に必要な資金の融資を受けられることも大きなメリットです。

不動産担保ローンでは、担保不動産の価値は一般の流通価格等から総合的に判断して担保不動産の評価額を算出、法人様・事業主様の返済能力等と合わせて判断し、300万円から最大50億円までの融資を行なっております。

目次へ戻る

8.返済方法は借主様が選択できます。

アビックの不動産担保ローンの返済方法は自由返済方式等、お客様が選択できます。

お客様の資金繰りに合わせて一括弁済・元利均等・元金均等払いの選択ができます。一括弁済の場合は、毎月、利息の支払いをしていただき約定日に元金一括弁済していただきます。また、元利均等や元金均等払等で、借入金元金が減った場合、返済していただいた元金分の融資を受けることも可能です。

融資金を全額弁済していなくても、返済していただいた元金分の融資を受けられることもアビックの不動産担保ローンのメリットです。

急な資金繰りの場合、担保不動産に新たに抵当権の設定を行なわずに融資を受けられることで登記費用の節約にもなります。

目次へ戻る

9.借入期間が一ヶ月の短期間のご融資も可能です。

アビックの不動産担保ローンに借入期間の縛りはありません。借入期間1ヶ月の短期融資も行なっております。

不動産に抵当権設定を行いますが、継続的にお取引きをされる場合には根抵当権設定を行なう事で可能です。

金融機関によっては、借入期間が最低3ヶ月以上でないと融資を行わないところもありますが、アビックの不動産担保ローンではこのような借入期間の縛りや、期限前に弁済した場合に違約金が発生するといった余分な費用がかかることもありません。

目次へ戻る

法人様・事業主様向け不動産担保ローン ここがポイント

アビックの法人様・事業主様向け不動産担保ローンはここがポイントです。

下記のアイコンをクリックすると具体的な融資の事例が表示されます。

全国の不動産に対応
審査結果はスピード回答
資金使途は自由
設立年数は問いません
赤字決算でもOK
自宅でも借入可
次順位でも大丈夫
借り換え資金に
税金滞納・差押の回避でも

不動産関連ローン

不動産担保ローン
買取再販ローン
外国人向けローン

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査