コンテンツ

個人向け不動産担保ローン サービスのご案内

アビックの個人向け不動産担保ローンでは、ご所有されている不動産を担保に、資金使途が自由な資金の調達が可能です。ご自宅をはじめ、土地、別荘などあらゆる不動産、ご本人以外のご家族、知人・友人の不動産も担保の対象とすることができます。

年齢制限もありませんので、ご健康であればご高齢の方でもお気軽にご相談ください。

全国の不動産が対象
資金使途は自由
ご自宅でもOK
年齢制限はありません
借り換えも可
ローン中でもご相談
第三者の不動産もOK
あらゆる不動産が対象
ご相談・審査は無料!!

 

個人向け不動産担保ローンについて

個人様への貸付の場合には総量規制の対象となります。
総量規制とは2016年6月に施行された改正化資金業法で定められた法律で、個人が借入できる金額の総額に上限を設け、借入総額は年収の3分の1までに制限されました。
不動産担保ローンは不動産を担保に融資する性格上、借入金額が高額となり、年収の3分の1を超える場合がありますが、総量規制の「適用除外」と「例外」に該当する場合には取り扱いが可能となり、個人への貸付が可能となります。
又、不動産担保ローンについては、資金使途が自由です。
そのためレジャー資金や教育資金、介護費用、金利の高いカードローンや他の借入金の返済など、様々な目的にご利用いただけます。

 

適用除外貸付の対象となるもの

  • 不動産の購入、又は不動産の改良やリフォームに必要な資金の貸付
  • 高額医療費の貸付
  • 自動車購入時の自動車担保での貸付
  • 有価証券担保の貸付
  • 不動産担保貸付(ただし生計を維持するのに不可欠な居宅等を除く)
  • 売却不動産の売却代金により返済できる貸付
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付
  • 貸金業者を債権者とする金銭媒介契約の媒介

 

例外貸付の対象となるもの

  • 個人に一方的に有利となる借換え
  • 個人の借入残高を段階的に低減させる借換え
  • 緊急の医療費の貸付
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための貸付
  • 配偶者とあわせた年収の3分の1以下の貸付(配偶者の同意が必要)
  • 個人事業者に対する貸付
  • 新たに事業を営む個人事業者に対する貸付(事業計画・収支計画・資金計画により、返済能力を超えないと認められることが要件)
  • 銀行からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」の貸付

 

ご自宅を担保にした不動産担保ローンは総量規制の対象になる場合があります。
総量規制の対象とならないケースとして

  • 不動産の購入、又は不動産の改良やリフォームに必要な場合の不動産担保ローン
  • 売却不動産の売却代金により返済できる不動産担保ローン
  • 不動産担保による借換え(おまとめローン)

お客様の借入が総量規制に該当するか否かは、お客様ご自身での判断が難しい場合がありますので、アビックの資金プランナーにご相談ください。

  •  

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査