お役立ち情報

不動産担保ローンの審査期間は?目安や審査ポイントについて

不動産担保ローンを検討している方にとって「審査期間はどれくらいなのか」は気になるポイントではないでしょうか。
ある程度、審査期間の目安が分からないと、資金計画を立てにくく、困ってしまうものです。
そこで、今回は不動産担保ローンの審査期間についてご紹介します。また、審査ポイントについても触れていますので、参考にしてみてください。

 

不動産担保ローン審査期間

まずは、不動産担保ローンの審査期間についてご紹介します。
融資を検討している方は、以下からの内容をご確認ください。

 

最短で「翌日」に審査結果を報告

不動産担保ローンの審査期間は、最短で翌日中といった不動産担保ローン会社があります。
とくに、書類に不備がなく、かつ他の融資希望者が少ない場合は、審査期間が短くなる傾向にありますので、「早めに回答が欲しい」という場合でも安心です。

 

数日かかるケースも

不動産担保ローンは、最短で翌日中に審査結果の報告がありますが、一般的には数日程度かかることがほとんどです。
そもそも、不動産担保ローンは融資希望者本人の信用情報を調べるだけでなく、担保として提供する不動産の価値についても調べなければなりません。
一つのローン可否を検討するにあたり、たくさんの情報が必要となりますので、数日~数週間かかることが多いのです。

 

不動産担保ローンの審査ポイント

不動産担保ローンは、どのような点を審査されるのでしょうか。
ここからは、不動産担保ローンの審査ポイントについてご紹介します。

 

不動産評価額に対する借入額

不動産担保ローンの審査ポイントとして、まず挙げられるのが「借入額」の項目です。
不動産担保ローンで不動産を提供するにあたり、そもそもどれくらいの価値があるのかは、実際の物件によってことあります。
また、不動産評価額に対して借入額が妥当であるかも審査ポイントとなるため、注意しておきましょう。

 

融資希望者の信用情報

不動産担保ローンの審査ポイントには、融資希望者本人の「信用情報」が挙げられます。
例えば、これまでに支払いの滞納がなかったか、現時点で利用しているローンはないか、などは不動産担保ローンの審査ポイントとしてしっかりと確認しておかなければなりません。


仮に、返済が難しそうであると判断された場合、貸し倒れリスクを回避するためにも金融機関は融資を断る必要があります。
融資希望者の信用情報は、今後の返済可否の判断材料となりますので、審査ポイントとしては絶対に欠かせません。

 

年収

不動産担保ローンでは、融資希望者の「年収」が信用情報となります。
借入金額を返済できるほどの収入を得ているか、は貸し倒れリスクを回避するための重要な審査ポイントです。
例えば、年収が100万円の方と、年収が500万円の方では、後者の方が「返済が可能だろう」と判断しやすいでしょう。
また、年収の他にも「自営業者」「会社員」「公務員」など、仕事も審査ポイントとなりますので、あらかじめ把握しておくことが大切です。

 

不動産担保ローンの審査期間を把握しておきましょう

今回は不動産担保ローンの審査期間や審査ポイントについてご紹介しました。
不動産担保ローンでの融資を検討している方にとって、「審査にはどれくらいかかるのか」「自分は審査を通過できるか」といった点は不安でしょう。


しかし、あらかじめ情報を把握しておけば、融資のための準備や対策を進めておくことができます。
現在、不動産担保ローンでの融資を検討している方は、今回のページをよく理解したうえで審査を依頼しましょう。

 

お電話でのお問い合わせ 受付時間 平日9:00~18:00 総合受付:0120-588-169 担当直通:03-3588-0151

ネットでの24時間、融資のお申し込み

マンガでみる不動産担保ローンの事例集
お電話一本で即日回答(無料)簡易事前審査