あらゆる条件の不動産に対応
 共有持分・底地・借地権・既存不適格等

     

不動産担保ローンのアビック > あらゆる条件の不動産(共有持分・底地・借地権・既存不適格等)に対応

共有持分不動産

  1. ご夫婦、ご兄弟などと共有名義になっている不動産は金融機関から借り入れる場合は、共有者全員の承諾が必要になります。
  2. アビックでは共有名義の不動産の持分をお持ちの方でもご相談可能です。

底地

  1. 底地権とは、借地権が付いた土地の所有権のことです。
  1. 親から受け継いだ底地を有効活用したい。
  2. 借地権を買取る資金を融資して欲しい。
  3. 借地人とのトラブルがある場合、管理が面倒で売却したい場合。
  4. 売却までのつなぎで、底地を担保に使いたい。

借地権

  1. 他人の土地を借りて建築した建物のことです。
  2. 建物の所有名義はお客様であっても、土地の所有名義は他人です。
  3. 建物の売却や建替えをする際は、制限を受けます。
  4. アビック独自の方法で評価いたします。ぜひご相談ください。
  

再建築不可

  
  1. 再建築不可(物件、不動産)とは、現在建っている建物を取り壊した場合に新たに建物が建てられない、更地にしてしまうと再建築ができない不動産です。
  2. 多くは建築基準法上の道路が2m以上接していないケースです。
  3. 隣接地購入すれば建替えが可能になるケースも有り、リフォームしてから賃貸し、収益物件として資産価値を高めることが出来ます。
  1. 再建築不可の不動産(家屋、アパート等)の内装、外装をリフォームしたい。
  2. 再建築不可の不動産を購入したい。⇒購入資金
  3. 再建築不可の古い戸建をリフォームして再販したい。⇒不動産業者様の買取・転売資金
  4. 隣接地の購入資金の調達で活用したい。
  

融 資 事 例

東京都、不動産会社、担保は再建築不可の中古戸建住居、1800万の融資
  • 不動産の買取転売をする不動産会社への融資でしたが、土地の接道が2メートル以下で再建築が不可能な中古の建物でした。
  • 銀行、信用金庫などの金融機関、大手ノンバンクでは、再建築不可の不動産ということで全て断られたとのことで、アビックへ相談に来られました。
  • 中古の建物を購入後、リフォームしてきれいにして一般ユーザーに販売し、返済する事業計画でした。
  • 立地は世田谷区内でニーズ、流通性もあり、リフォーム後の賃貸戸建とした場合の収益評価することで、融資に至りました。
問合せタイトル
パソコンによる問合せ
申込みタイトル
パソコンによる申込み
FAXによる申込み